ジョン・レノン 失われた週末:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ジョン・レノン 失われた週末
ジョン・レノン 失われた週末
3.9

ジョン・レノン 失われた週末

2024年5月10日公開、94分、ドキュメンタリー
  • みたい
    575
  • みた
    114
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジョン・レノンがオノ・ヨーコと別居し、個人秘書メイ・パンと過ごした“失われた週末”と呼ばれる日々をメイの視点で語るドキュメンタリー。1973年秋から75年初頭にかけてのジョンの姿を、貴重なアーカイブ映像やプライベートな写真などを交えて描く。2022年トライベッカ映画祭正式出品。

ストーリー

中国系アメリカ人メイ・パンは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの個人秘書であり、プロダクション・アシスタントを勤めていた。1973年秋から75年初頭にかけての18カ月間、ヨーコの強い希望で、ジョンはメイと過ごすことになる。このジョンとヨーコが別居していた“失われた週末”と呼ばれる期間に、ジョンはメイの助けで最初の妻シンシア・レノンとの長男ジュリアン・レノンと再会。また、アルバム『マインド・ゲームス』、エルトン・ジョンをゲストに迎え、全米シングルチャート第1位を獲得した『真夜中を突っ走れ』を含む『心の壁、愛の橋』、自らの原点に立ち返る『ロックン・ロール』を制作した。“失われた週末”という呼び名とは裏腹に、デヴィッド・ボウイやハリー・ニルソン、ミック・ジャガー、リンゴ・スターらとのコラボレーションや、ポール・マッカートニーとの再会など、ビートルズを解散した後のソロキャリアのなかで最も多作で商業的にも成功した時期であった。本作は、ジョンの名曲の数々や貴重なアーカイブ映像、ジョンとメイが互いの姿をとらえたプライベートな写真、ジョンによるユニークなイラストなどを交え、メイがジョンと共にした忘れ難い日々を振り返り、メイの視点を通した素顔のジョン・レノンの姿が生き生きと蘇るドキュメンタリーとなっている。

フォトギャラリー

チケットby MOVIE WALKER STORE

一般 ¥1900

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Lost Weekend: A Love Story
映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
アメリカ
配給
ミモザフィルムズ
初公開日
2024年5月10日
上映時間
94分
製作会社
Briarcliff Entertainment
ジャンル
ドキュメンタリー

[c] 2021 Lost Weekend, LLC All Rights Reserved
[c]キネマ旬報社