朽ちないサクラ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
朽ちないサクラ
朽ちないサクラ
-

朽ちないサクラ

2024年6月21日公開、119分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,636
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『孤狼の血』シリーズを手がけた作家・柚月裕子による警察ミステリー小説を映画化。県警広報職員の森口泉が、記者だった親友の変死事件に臨んで自らを責め、独自に真相を追う姿を描く。監督は、『あぶない刑事』シリーズや『夜逃げ屋本舗』シリーズなどの原隆仁監督を父に持ち、「帰ってきた あぶない刑事」の監督に抜擢された原廣利。主人公の泉を「52ヘルツのクジラたち」の杉咲花、警察学校の同期の磯川俊一を『美しい彼』の萩原利久、県警捜査一課の梶山浩介を「福田村事件」の豊原功補、泉の上司で元公安の富樫俊幸を「私はいったい、何と闘っているのか」の安田顕が演じる。

ストーリー

愛知県平井市在住の女子大生がストーカー被害を受けた末に神社の長男に殺害される事件が発生。地元新聞は、警察が女子大生からの被害届の受理を先延ばしにし、その間に慰安旅行に行っていたことをスクープする。県警広報広聴課の森口泉は、親友の新聞記者・津村千佳が約束を破って記事にしたと疑い、千佳は身の潔白を証明しようとしていたところ、1週間後に変死体となり発見された。泉は自分が疑わなければ千佳は殺されずに済んだと自責と後悔の念に突き動かされ、本来は捜査する立場にないものの、自らの手で親友を殺した犯人を捕まえようと事件の謎を追う。

予告編・関連動画

朽ちないサクラ

予告編

2024/4/12(金)更新

チケットby MOVIE WALKER STORE

販売終了 2024/6/20(木)
一般 ¥1600

キャンペーン

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2024年
製作国
日本
配給
カルチュア・パブリッシャーズ
初公開日
2024年6月21日
上映時間
119分
製作会社
映画「朽ちないサクラ」製作委員会(カルチュア・エンタテインメント=U-NEXT=TCエンタテインメント=徳間書店=ホリプロ=ムービック=nullus)(製作幹事:カルチュア・エンタテインメント/制作プロダクション:ホリプロ)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2024 映画「朽ちないサクラ」製作委員会
[c]キネマ旬報社