化け猫あんずちゃん:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
化け猫あんずちゃん
化け猫あんずちゃん
-

化け猫あんずちゃん

2024年7月19日公開、アニメ
  • 上映館を探す
  • みたい
    145
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

気鋭のクリエイター久野遥子と、「カラオケ行こ!」の山下敦弘がW監督を務める異色アニメ。いましろたかしによる同名漫画を原作に「れいこいるか」のいまおかしんじが脚本を執筆。人間のように暮らす37歳の化け猫あんずと、父に捨てられた少女かりんの交流を描く。本作では実写で撮影した映像からトレースし、アニメーションにする『ロトスコープ』という手法を採用。実写班には山下監督を始め、実写映画界スタッフが集結し、映画撮影そのままの撮影を敢行。その映像や音声をもとに久野監督がアニメ化した。キャスト(声・動き)は「ほかげ」の森山未來、「1秒先の彼」の五藤希愛、「犯罪都市 NO WAY OUT」の青木崇高。第77回カンヌ国際映画祭「監督週間」選出作品。

ストーリー

雷の鳴る豪雨の中、寺の和尚さん(声:鈴木慶一)は段ボールの中で鳴いている子猫をみつける。その子猫は“あんず”と名付けられ、大切に育てられた。ところがおかしなことに10年20年経っても、あんずは死ななかった。そして30年たった頃、どうした加減かいつしか人間の言葉を話し、人間のように暮らす“化け猫”になっていた……。現在37歳のあんず(声:森山未來)の仕事は按摩のアルバイトで、移動手段は原付。ある日、親子ゲンカの末、長い間行方知れずだった和尚さんの息子・哲也(声:青木崇高)が11歳の娘かりん(声:五藤希愛)を連れて帰ってくる。だが、再び和尚さんとケンカをして、彼女を置いて去ってしまう。かりんは哲也が別れ際に言った「母さんの命日に戻ってくるから」という言葉を信じて待ち続けるも、一向に帰ってこない。母親の墓に手を合わせたいというささやかな望みさえ叶わないかりんは、あんずに「母さんに会わせて」と懇願。たった一つの願いから、地獄をも巻き込んだ土俵際の逃走劇が始まる……。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2024年
製作国
日本
配給
TOHO NEXT
初公開日
2024年7月19日
製作会社
化け猫あんずちゃん製作委員会
ジャンル
アニメ

[c]いましろたかし・講談社/化け猫あんずちゃん製作委員会
[c]キネマ旬報社