猫と私と、もう1人のネコ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
猫と私と、もう1人のネコ
猫と私と、もう1人のネコ
3.8

猫と私と、もう1人のネコ

2024年3月22日公開、99分
  • 上映館を探す
  • みたい
    11
  • みた
    3
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヤングケアラーや保護猫活動の実態を織り交ぜながら、家族や学校以外の社会と関わり自分らしさを取り戻す女子高生を描いた人間ドラマ。娘・櫻の進路をめぐり家族間にすれ違いが生まれ、母は父を追い出してしまう。そんな中、母が倒れ介護が必要になり……。全編福岡県内で撮影された。監督は、助監督・リサーチ&時代考証としてNHK大河ドラマ『龍馬伝』『西郷どん』やマーティン・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」、塚本晋也監督作「斬、」などに参加する一方、「沈黙するポムポムの悪戯」などの短編作品を手がけてきた祝大輔。主人公の清瀬櫻を「テイクオーバーゾーン」で第32回東京国際映画祭東京ジェムストーン賞を獲得した吉名莉瑠が演じ、母親役の歌手・一青窈は本作の主題歌も手がけている。

ストーリー

女子高生の清瀬櫻(吉名莉瑠)は東京の美大に進学したいと母・環(一青窈)に伝えたものの、母は櫻が一人で東京に出てやっていけるわけがないと決めつけ、取り合おうともしない。久しぶりに父・紘一(津田寛治)が単身赴任から帰り家族団らんの時を過ごすが、今後のことを話し合う中で言い争いに。娘が家から出て行くなんて思ってもおらず一方的に自分の思いを通そうとする環は、娘の意思を尊重しようとする紘一を家から追い出した。こうして母とのぎこちない生活が始まった矢先に、母が職場で倒れ、介護が必要になってしまう。櫻は誰にも言えない気持ちを匿名でSNSに書き込み、また偶然出会った野良猫に癒しを求めるようになるが、次第に追い詰められていき……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2024年
製作国
日本
配給
トリプルアップ
初公開日
2024年3月22日
上映時間
99分
製作会社
イメージフィールド福岡=No Control Films=エクサインターナショナル


[c]キネマ旬報社