Shirley シャーリイ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
Shirley シャーリイ
Shirley シャーリイ
2.5

Shirley シャーリイ

2024年7月5日公開、107分、サスペンス・ミステリー
PG12
  • 上映館を探す
  • みたい
    286
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スティーブン・キングにも影響を与えたゴシック作家シャーリイ・ジャクスンの伝記を原作に、新解釈を加えた心理サスペンス。1948年、短編小説『くじ』で一大センセーションを巻き起こしたが、スランプに陥ったシャーリイの前に、一組の若い夫婦が居候として現れ……。出演は『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』のエリザベス・モス。「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」のマーティン・スコセッシが製作総指揮を務めている。

ストーリー

1948年、『ニューヨーカー』誌に発表した短編『くじ』が一大センセーションを巻き起こし、新しい長編小説に取り組んでいたシャーリイ(エリザベス・モス)は、なかなかスランプから抜け出せずにいた。小説の題材となったのは、ベニントン大学に通う18歳の少女ポーラが突如として消息を絶った未解決の失踪事件。同じくベニントン大学の教授である夫のスタンリー・ハイマン(マイケル・スタールバーグ)は、引きこもっているシャーリイの機嫌をとり、執筆に向かわせようとするが、うまくいかない。そんな二人の前に現れたのは、文学部でスタンリーの補佐として職を得たフレッド(ローガン・ラーマン)と妻ローズ(オデッサ・ヤング)の夫婦。バーモント州の学園都市へ移住を計画していたスタンリーとローズだが、新居が見つかるまでの間、無料で部屋と食事を提供するので、家事や妻の世話をしてほしいと、スタンリーから半ば強引に言いくるめられ、何も知らないスタンリーとローズの夫婦は、シャーリイとスタンリーと共同生活を送ることに。当初は他人が家に上がり込むことを嫌っていたシャーリイだったが、ひどい扱いを受けても懲りずに自分の世話を焼くローズを通じて、次第に執筆のインスピレーションを得ていく。一方のローズはシャーリイの魔女的なカリスマ性に魅入られ、いつしか二人の間には奇妙な絆が芽生えていく。しかし、この風変わりな家に深入りした若い夫妻は、やがて自分たちの愛の限界を試されることに……。

予告編・関連動画

Shirley シャーリイ

予告編

2024/5/10(金)更新

チケットby MOVIE WALKER STORE

販売終了 2024/7/4(木)
一般 ¥1600

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Shirley
映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
サンリスフィルム
初公開日
2024年7月5日
上映時間
107分
製作会社
Killer Films
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2018 LAMF Shirley Inc. All Rights Reserved
[c]キネマ旬報社