フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
-

フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン

2024年7月19日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    110
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1969年の人類初の月面着陸に関し囁かれる捏造説を題材にしたコメディドラマ。PRマーケティングのプロ、ケリーの手腕により月面着陸への関心が高まりついにアポロ11号の発射が迫る中、ケリーは月面着陸のフェイク映像撮影という極秘プロジェクトを任される。監督は、「Love, サイモン 17歳の告白」などを手がけ、「フリー・ガイ」などに製作として携わってきたグレッグ・バーランティ。ケリー役のスカーレット・ヨハンソンは本作のプロデューサーも務める。手段を選ばないケリーに反発するNASAの発射責任者コールを「ザ・ロストシティ」のチャニング・テイタムが、ニクソン大統領の側近モーを「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のウディ・ハレルソンが演じる。

ストーリー

人類初の月面着陸を成功させる国家的宇宙プロジェクト、アポロ計画がスタートしてから8年後の1969年。NASAは失敗続きで目標を達成できていない上に米ソ宇宙開発競争で後れを取っており、予算は膨らむ一方にも関わらず、国民の月への関心は薄れていた。そこでこのプロジェクトを全世界にアピールするため、ニクソン大統領に仕える政府関係者モー(ウディ・ハレルソン)を通してPRマーケティングのプロ、ケリー(スカーレット・ヨハンソン)がNASAに雇われる。アポロ11号の宇宙飛行士たちをビートルズ以上に有名にすると意気込むケリーは、月面着陸に携わるNASAスタッフによく似た役者たちをテレビやメディアに登場させ、偽のイメージ戦略を仕掛けていった。手段を選ばないケリーに実直で真面目なNASAの発射責任者コール(チャニング・テイタム)は反発するものの、やがて月面着陸が全世界注目の話題となり、盛り上がっていく。そんなある時、モーはケリーに月面着陸のフェイク映像を撮影するという超極秘プロジェクトを託す。アームストロング船長の代役や撮影監督を雇い、NASAのケネディ宇宙センター内部に作られた偽の月面での撮影準備を秘密裏に進めるケリーだったが、仲間の月面着陸成功を信じるコールは猛反対。トラブルやアクシデントが度重なる中、ついにアポロ11号は発射の時を迎え、月面着陸までのカウントダウンが始まる。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Fly me to the moon
製作年
2024年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
初公開日
2024年7月19日
製作会社
These Pictures


[c]キネマ旬報社