マルタの鷹(1941)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マルタの鷹(1941)

1951年1月10日公開,100分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「欲望の砂漠」のハル・B・ウォリスが製作した1941年度作品で、「黄金(1948)」のジョン・ヒューストンが脚本家より監督に転じての第1回作。ヒューストン自身がハードボイルド探偵小説の第一人者、「影無き男(1934)」のダシール・ハメットの同名の小説を脚色に当たっている。撮影はアーサー・エディソン、音楽は「仮面の男(1944)」のアドルフ・ドュイチェの担当。主演は「潜行者」のハンフリー・ボガート、「暴力行為」のメアリー・アスターで、「我等の生涯の最良の年」のグラディス・ジョージ、「仮面の男(1944)」のピーター・ローレとシドニー・グリーンストリート、「賭博の町」のバートン・マクレーン、「ジャンヌ・ダーク」のワード・ボンド、「摩天楼」のジェローム・コウアン、リー・パトリック、エライシャ・クック・ジュニアの助演のほか、ジョン・ヒューストンの父故ウォルター・ヒューストンが特別出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サン・フランシスコで私立探偵局を開いているサム・スペードは、ワンダリーという女から、サースビーという人物に尾行されているから救ってほしいと頼まれるが、スペードの相棒のアーチャーが彼女の美しさにひかれて買って出た。しかしその夜アーチャーはサースビーと共に死体となって発見される。当局ではスペードとアーチャーの妻のアイヴァの間を怪しみ、彼の謀殺ではないかとの嫌疑をかれられ、スペードは身の危険を守るため、ワンダを追及して、彼女の本名がオーショネイといいサースビーとなにか一儲けを企てている間に、彼女は自分を裏切ろうとしたサースビーの尾行を頼んだことがわかった。スペードが事務所に帰るとカイロという奇妙な男が来て、黒い鷹の置物を探してくれたら5000ドルの謝礼を出すというので、オーショネイとこの男の間に関係があると睨み2人を対決させた。果たせる哉、2人は黒い鷹の置物を探している競争相手であり、2人の他に「肥った男」と称するガットマンの存在していることもはっきりした。スペードは自分を尾行するガットマンの用心棒のウィルマを利用してガットマンに会い、黒い鷹の真相を追及した。3人が探していた件の鷹の置物は16世紀にマルタ騎士団がスペイン王に献上するために作った純金の像で莫大な値打ちのあること、多年その置物を追及していたガットマンの手先としてイスタンブールに置物を探しに行ったオーショネイとカイロがお互いに、この宝物を独占しようとしていたことがわかる。この話の最中スペードは毒薬入りの酒に自由を奪われ、我にかえった彼はガットマンの部屋の新聞から、香港から入港したパロマ号に謎のあることを推定した。だが、パロマ号は当日火災を起こしその夜パロマ号の船長は重傷を負いながら、鷹の包をスペードの事務所に持ちこんで息絶える。スペードはガットマン、ウィルマ、オーショネイ、カイロの全関係者と事務所で会い、鷹の処分と、3つの殺人事件の犯人の処理について会談している最終、ダンディ警部補とパウルハウス刑事が訪ねてくる。スペードはアーチャー殺害の犯人がオーショネイであり、サースビーと船長はウィルマに殺されたことを指摘する。そして、鷹の置物は鉛製の贋物にしかすぎなかった。

作品データ

原題
The Maltese Falcon
製作年
1941年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?