猛獣狩り行進曲:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
猛獣狩り行進曲
猛獣狩り行進曲
-

猛獣狩り行進曲

1964年公開、アニメ/ファンタジー
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ディズニー漫画でおなじみのドナルド・ダックのヨーロッパ系のおじにあたる学者、フォン・ドレイク博士にあわせながら、ミッキー・マウス、ドナルド・ダック、プルートー、グーフィ、チップとディルなどが、おたがいに競争しながらいろいろと狩りをする。

ストーリー

フォン・ドレイク先生の話では、科学者は全て一種の狩人という。例えば昆虫学者ー―森の中で虫めがねと網を持ったドナルド・ダックは地球上で珍らしいプードル・ビートルを捕まえることに懸命。これも狩りだ。食いしん坊も狩りをする。ミッキー・マウスは熊のステーキでも食べようと森を歩くが、逆に大熊に襲われた……。カメラ・マニアのドナルド・ダックは被写体を求めて歩くが、アラクァンという悪戯好きの鳥に邪魔される。次は犯人狩り。人殺し犯人ブラック・ピートを、チップとディルが見事に捕まえる話。こんどはテキサスの物語。あらいぐま狩り。これには鋭い鼻の犬が唯一のたより。ミッキーとプルートーは猛然とあらいぐまを追いかけ回すが、化かされてさんざんな目にあう。大冒険の虎狩り。鳥の卵を探す鳥卵学者、高級なスポーツの狐狩りなどなど……。すべては狩りにつながる。終わりに当ってフォン・ドレイク先生はおごそかに注意する。「狩りには冷静さを失わぬこと、云々」夢中で猟銃をつかんで演説していると、ドカーン……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Hunting Instinct
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
日本ウォルト・ディズニー
初公開日
1964年
製作会社
ウォルト・ディズニー映画
ジャンル
アニメファンタジー


[c]キネマ旬報社