ヤムヤム・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヤムヤム・ガール

1964年1月18日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ローレンス・ロマンの原作を彼自身と「インターン」のデイヴィッド・スウィフトが脚色、演出したピンク・コメディ。撮影を「バイ・バイ・バーディー」のジョセフ・バイロック、音楽を「何がジェーンに起こったか?」のフランク・デヴォール、衣裳はドン・フェルド、製作は「結婚泥棒」のフレデリック・ブリッソンが、それぞれ担当した。出演者は「あなただけ今晩は」のジャック・レモン、「七月の女」のキャロル・リンレイ、「偽将軍」のディーン・ジョーンズ、「底抜けアフリカ博士」のイーディー・アダムス、ほかにイモゲン・コカ、ポール・リンド、ロバート・ランシングら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

離婚した両親を持つ女子大生のロビン(キャロル・リンレイ)は結婚には慎重。恋人のデイヴィッド(ディーン・ジョーンズ)と同室に住んでみることにしたのも、そのよりよい理解のためであった。知人アイリーンの借りていたアパートの後を、事情も調べずに借りた。アパート主のホーガン(ジャック・レモン)は大変なプレイボーイで、入室した女性を手当り次第に征服していた。彼は用もないのに部屋に来ては、ロビンと2人きりになろうとするが、仲々成功しない。図々しいホーガンは何とか彼女を誘い出すことに成功した。おかしな三角関係?に悩んだロビンとデイヴィッドは、結婚が永続きするかどうか、とにかくやってみようということになり、ラスベガスに旅立った。また、ホーガンに多少の好意を持っていたアイリーンも1度は許したホーガンが、そのことを酒に酔い潰れていて記憶にない、などと愛を冒涜することを言う。彼女も怒って新しい男性の元へ走った。ホーガンにもいささかショゲたところも見えたが、美しい女子大生が部屋を求めて来たのを迎え、またいつものクセが頭をもたげはじめた……。

作品データ

原題
Under the Yum Yum Tree
製作年
1963年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?