容疑者(1944)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

容疑者(1944)

1950年11月21日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ガダルカナル日記」のイスリン・オースターが製作し、「らせん階段(1946)」のロバート・シオドマクが監督した1944年度作品で、「コスモポリタン」掲載のジェームズ・ロナルドの小説より、「ルパン登場」のバートラム・ミルハウザーが脚色、アーサー・T・ホーマンが潤色し、「逃亡者(1944)」のポール・イヴァノが撮影、フランク・スキナーが音楽を担当した。主演は、「大時計」のチャールズ・ロートンと「拳銃の町」のエラ・レインズで、ディーン・ハーレン、ヘンリー・ダニエル、ロザリンド・イヴァン、モリー・ラモント、スタンリー・リッジス等が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1902年のロンドンの話である。フィリップ・マーシャルは煙草商をしていた中年の男だが、妻のコオラとの結婚生活は完全に失敗だった。母と仲違いをし伜のジョンに家出された彼は、孤独の女メリー・グレイに惹かれてゆき、口やかましいコオラに離婚を要求するが断られた。フィリップはコオラを階段からつき落して殺害し、事故死にみせかけた。ロンドン警視庁のハクスレイ探偵は他殺と睨みフィリップを追及するが確証をあげることができなかった。フィリップはメリーに、自分が殺人の嫌疑をかけられていることを打ち明けたが、孤独の彼女はフィリップと結婚した。メリーとフィリップの結婚生活は幸福であったが、隣家のシモンズはコオラの死を怪しみ、フィリップを恐喝した。フィリップはシモンズを運河に投げこみ殺害して、メリーとジョンを伴ってカナダに逃れようとした。ハクスレイ探偵はフィリップの犯行をつきとめ、波止場で彼を捕えた。フィリップはハクスレイの情けにより、何事もない様子を装って、メリーとジョンに待つように言いながら船を下りて、ひかれてゆく。

作品データ

原題
The Suspect
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?