ラジオ・デイズ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ラジオ・デイズ
ラジオ・デイズ

ラジオ・デイズ

1987年10月24日公開,88分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第二次大戦直後のニューヨークを舞台に、華やかだったラジオの日々とある一家の平凡だが幸福に充ちた生活を描く。製作・脚本は「ハンナとその姉妹」のウッディ・アレン、製作はロバート・グリーンハット。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、撮影はカルロ・ディ・パーマ、衣装デザイナーはジェフリー・カーランド、編集はスーザン・E・モースが担当。出演はミア・ファロー、ダイアン・キートンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テレビが普及するずっと以前の、ラジオが家族の団らんの中心であった頃のニューヨーク・クイーンズ区ロッカウェイ。少年ジョー(セス・グリーン)の一家は豊かではないが幸福な日々を送っていた。正体不明の父(マイケル・タッカー)、しっかり者の母(ジュリー・カヴナー)、母の姉夫婦とその一人娘、母の妹で男運の悪いビーおばさん(ダイアン・ウィースト)、母方の祖父母と大家族で、家の中には笑いがたえなかった。一方、華やかなラジオ界を夢見るサリー(ミア・ファロー)はナイトクラブでシガレット・ガールをしながらラジオのパーソナリティを目ざして頑張っている。そんな努力のかいあっていよいよラジオ・ドラマで第一声という時に、日本軍が真珠湾攻撃を始めたという臨時ニュースが飛び込んできてせっかくのチャンスをフイにしそうになるが、幸運の女神に助けられラジオ・スターとして売れていく。第2次大戦はアメリカに本暗い影を落としているが、ジョーの生活にはほとんど関係なくラジオ・ドラマの主人公“覆面の騎士”がヒーローだった。そんな彼の驚いたこと、嬉しかったことは、父がタクシーの運転手だったこと、そしてラジオのクイズ番組に出たビーおばさんが見事に賞金を獲得してそのお金で欲しかった実験セットを買ってくれたことなどだった。家の近くの海岸にドイツの潜水艦が現われた。だが新年の豪華パーティでは一家の人々の幸福そうな笑いに充ちていた。

作品データ

原題
RADIO DAYS
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
88分
製作会社
オライオン映画作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?