ランドスケープ・スーサイド:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ランドスケープ・スーサイド
ランドスケープ・スーサイド
-

ランドスケープ・スーサイド

1988年9月14日公開、95分、サスペンス・ミステリー
0
-
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカの2つの地点で起きたセンセーショナルな殺人事件を、殺人者の証言に基づいた役者による再現と、そこに挿入される風景とサウンドの交錯によって描いてゆく。製作・監督・脚本・撮影・編集はジェームズ・ベニング。出演はロンダ・ベル、エリオン・サッチャーほか。

ストーリー

84年6月23日、カリフォルニア州オリンダで衝撃的な殺人事件が起きた。15歳の少女バーナデット・プロッティ(ロンダ・ベル)が、クラスメイトのカースティン・コスタスを刺し殺したのである。動機は彼女が自分より人気者だったから。詳しい事は本人にもよくは分かっていない。57年12月16日、ウィスコンシン州の雑貨商の女主人バーニン・ワードンが失踪、その夜容疑者として地元の農夫エドワード・ゲイン(エリオン・サッチャー)が逮捕された。がマザ・コンの彼は、それまでの3年の間に15人(主に女性)もの人間を殺害し、さらにその死体で調度品をこしらえていたのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Landscape Suicide
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
イメージフォーラム
初公開日
1988年9月14日
上映時間
95分
製作会社
ジェームズ・べニング作品
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社