リトル・ニキータ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
リトル・ニキータ
リトル・ニキータ
-

リトル・ニキータ

1988年6月25日公開、97分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

両親の恐ろしい秘密を知った少年が、国家と両親への愛の板ばさみでゆれる姿を描くサスペンス・ドラマ。製作はハリー・ギッテス、監督は「マネー・ピット」のリチャード・べンジャミン、脚本はジョン・ヒルとボー・ゴールドマン、ストーリーはトム・ムスカとテリー・シュワルツ、撮影は「夜霧のマンハッタン」のラズロ・コヴァックス、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演は「影なき男(1987)」のシドニー・ポワチエ、「ジミー さよならのキスもしてくれない」のリヴァー・フェニックス、「イーストウィックの魔女たち」のリチャード・ジェンキンスほか。

配信で観る

ストーリー

カリフォルニア州ファウンテン・グローブに住むジェフ・グラント(リヴァー・フェニックス)は親思いで愛国心の強い、典型的なアメリカの高校生。父のリチャード(リチャード・ジェンキンス)と母のエリザベス(キャロライン・カヴァ)はもう20年来、この町で植木店を営んでいる。年に1度のパレードの日、ジェフは両親に内緒で空軍士官学校の入学願書を提出した。だがこの事によって、入学希望者の身元チェックに取りかかっていたFBIのエージェント、ロイ・パーメンター(シドニー・ポワチエ)は、ジェフの両親が実はソ連から送・り込まれ、指令が下るまでは一般市民として普通の生活をしているスパイ--いわゆる“スリーパー・スパイ”ではないかとの疑いを持つ。折りしも、税務署に潜入していたソ連のスパイが喉を切り裂かれて殺されるという事件が起きた。犯人はかつてKGBのために働いていたが、今ではスリーパーを殺してはKGBに莫大な金を要求しているスキューバ(リチャード・リンチ)であり、ロイにとっては同僚の仇でもあった。そのスキューバを捕らえるべく、かつて自ら送り込んだスリーパーたちに連絡をとろうとKGBのコンスタンティン(リチャード・ブラッドフォード)がアメリカに潜入した。ロイはグラント夫妻の向かいの家へ引っ越し、ジェフに両親の秘密を打ち明ける。ショックを受けるジェフ。彼はまた、両親から自分の本名が“ニキータ”だということも知らされる。ちょうどその時、現在の平和な生活を失いたくないと思うグラント夫妻に命令を下すために、コンスタンティンは策略を用いてジェフを人質にとる。スキューバに金を渡す役目を勤めろとグラント夫妻は命令され、メキシコからの移民船が着いたばかりの桟橋に向かう。またロイも、ジェフの気転によって残された手がかりをもとに桟橋へ。ロイ、グラント夫妻、そしてジェフとコンスタンティンがそれぞれに固唾をのむなか、スキューバを待ちうけて、ドラマはいよいよクライマックスに突入した。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Little Nikita
製作年
1988年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
初公開日
1988年6月25日
上映時間
97分
製作会社
コロムビア映画作品
ジャンル
サスペンス・ミステリー


[c]キネマ旬報社