リトル・モー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
リトル・モー
リトル・モー

リトル・モー

1979年4月28日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

通称リトル・モーと呼ばれる少女が、テニスに夢を託し成長していく姿を描く。製作総指揮はジャック・ウェッブ、製作はジョージ・シャーマン、監督は「美しき愛のかけら」のダン・ホーラー、脚本はジョン・マクグリーヴェイ、撮影はハリー・ウォルフ、音楽はビリー・メイ、美術はカール・アンダースンが各々担当。出演はグリニス・オコナー、マイケル・ラーンド、アン・バクスター、クロード・エーキンス、マーティン・ミルナー、アン・フランシス、マーク・ハーモン、レスリー・ニールセン、アン・ドーラン、トニー・トレバートなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サンディエゴ・ジュニア選手権の日、10歳の愛らしい少女モーリン(グリニス・オコナー)が優勝し、観客の注目を集めた。アメリカ屈指のコーチ、ティーチ(マイケル・ラーンド)の指導を受けるためロサンゼルスに向かったモーリンは、一流選手になる.ための厳しい訓練を受ける。14歳で西海岸を制覇、16歳で全米選手権のチャンピオンと大きく成長していったモーリンは世界への第一歩であるウィンブルドンの地を踏むことになった。しかし、練習中に肩の痛みを感じ、診断された結果、出場を止められるが、無理をおして出場し、みごとチャンピオンに輝いた。しかし、出場を許さなかったティーチは去っていった。帰国したモーリンは、馬術選手の青年ノーマン(マーク・ハーモン)と結婚するが、交通事故で足を傷つけ、2度と試合に出場できない身体となった。ある日曜日、公園で、2人の子供と夫と幸せなひとときを過ごしているモーリンの目の前にティーチが現われる。だが、彼女を不治の病が襲った…。

作品データ

原題
Little Mo
製作年
1978年
製作国
アメリカ
配給
ジョイパックフィルム
上映時間
0分
製作会社
ジョージ・シャーマン・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?