第33回東京国際映画祭、開催に向け準備着々…新部門「TOKYOプレミア2020」設立へ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/8/8 8:00

第33回東京国際映画祭、開催に向け準備着々…新部門「TOKYOプレミア2020」設立へ

10月31日(土)~11月9日(月)に開催を予定している第33回東京国際映画祭について、実施に関する続報が発表された。

第33回東京国際映画祭で新たな部門「TOKYOプレミア2020」が設立
第33回東京国際映画祭で新たな部門「TOKYOプレミア2020」が設立[c]2020 TIFF

新型コロナウィルスの影響で、世界中の映画祭の多くが中止や延期となっているなか、東京国際映画祭は映画館での上映を基本として考え、開催をする方向で準備中。シンポジウムやゲストのトークショーといったイベントは、オンラインを活用して実施を検討している。

今回の特徴としては、昨年まで開催されていた「インターナショナルコンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品がそろう「日本映画スプラッシュ」の3部門を、「TOKYOプレミア2020」と題し1つに統合。様々な賞を競うのではなく、上映される全作品を対象に観客の投票によって決定する「観客賞」が設けられる。ワールド・プレミアやアジアン・プレミアの作品を中心に、個性豊かな監督による新作を観客とともに楽しむイベントとなる予定だ。

また、今年の上映作品は、安藤紘平(早稲田大学名誉教授)、石坂健治(東京国際映画祭シニア・プログラマー)、市山尚三(映画プロデューサー)、金原由佳(映画ジャーナリスト)、関口裕子(映画ジャーナリスト)、矢田部吉彦(東京国際映画祭シニア・プログラマー)の6名が選定にあたる。監督のキャリアなどはフラットに、世界中から多様性にあふれる映画を観客に楽しんでもらうことを目的としており、彼らがどのような作品を選ぶのか気になるところだ。

「TOKYOプレミア2020」以外の部門など、映画祭の詳細は後日発表予定。年に一度の映画の祭典の続報を待とう。

文/トライワークス