ドラァグクイーンを夢見る高校生が奮闘!人気ミュージカルの映画版の公開が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/13 9:00

ドラァグクイーンを夢見る高校生が奮闘!人気ミュージカルの映画版の公開が決定

ロンドンのウエスト・エンドで2017年の初演から愛され続けるミュージカル「Everybody’s Talking About Jamie」の映画化が決定。あわせて、邦題を『ジェイミー!』として2021年に日本公開されることがわかった。

日本公開が決定したミュージカル映画『ジェイミー!』の海外版ポスタービジュアル
日本公開が決定したミュージカル映画『ジェイミー!』の海外版ポスタービジュアル[c] 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

映画のベースとなっている「Everybody’s Talking About Jamie」は、BBCが制作したドキュメンタリー「Jamie: Drag Queen at 16」を原作としたミュージカル。2018年に英国で最も権威のある演劇賞と言われるローレンス・オリヴィエ賞の5部門にノミネートされ、ワッツ・オン・ステージ・アワードでは3部門の受賞を果たすなど、演劇界における様々な賞に輝いた大ヒット作だ。

物語の主人公は、ドラァグクイーンに憧れる16歳の高校生ジェイミー・ニュー。母親から真っ赤なヒールをプレゼントされたことを機に、高校のプロムにドラァグクイーンとして出席する夢を抱き始めるが、マイノリティに理解のない学校や教師から猛反対を受けてしまう。そんな周囲の心ない言葉や、ジェイミーのことを理解できない父親との確執に直面しながらも、ジェイミーは自分らしくあろうと困難を乗り越えていく。

ジェイミーを演じるのは、約5000人のオーディションを勝ち抜き本作で本格的なデビューを飾るマックス・ハーウッド。舞台版で演出を担当したジョナサン・バターレルが監督を務め、2021年2月26日に全米公開が予定されている。

ありのままの自分を愛し、自分らしく生きることの大切さを明るく、そして大胆に描いた本作。日本公開日の詳細など今後の続報にも期待したい。

文/トライワークス