V6・井ノ原快彦が語った、なにわ男子・道枝駿佑との“親子関係”「17歳の叫びってすごいな」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/11/7 17:00

V6・井ノ原快彦が語った、なにわ男子・道枝駿佑との“親子関係”「17歳の叫びってすごいな」

『461個のおべんとう』で主演を務めた井ノ原快彦を直撃!
『461個のおべんとう』で主演を務めた井ノ原快彦を直撃![c]2020「461個のおべんとう」製作委員会

映画『461個のおべんとう』(公開中)で、シングルファーザーのミュージシャン役を演じた井ノ原快彦。マルチに活躍する井ノ原は、俳優、タレント、MCとどんなポジションに立っても、彼の人となりが加味されたナチュラルな個性を発揮してきた。そんな井ノ原に、事務所の後輩である道枝駿佑との共演秘話や、本作を通して感じた父と息子の関係性について話を聞いた。

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるエッセイを映画化した本作。井ノ原が演じる鈴本一樹は、妻と離婚後、一人息子の虹輝を引き取り、息子のために愛妻弁当ならぬ“愛父弁当”を毎日作り続ける。

シングルファーザーのミュージシャン、鈴本一樹役を演じた井ノ原
シングルファーザーのミュージシャン、鈴本一樹役を演じた井ノ原[c]2020「461個のおべんとう」製作委員会

劇中では、渡辺の手掛けた楽曲を、ギターと歌で披露している井ノ原。「全部、俊美さんが作った曲なので、いろいろなアドバイスもいただきましたし、俊美さんが僕の舞台を見に来てくださった時、一緒に楽屋で、俊美さんと息子さんとの関係性についても聞いたりしました。でも、俊美さんが『一樹役を僕には寄せなくていいよ』と言ってくださったので、いただけるものはいただきつつ、自分で考えて、一樹役を作っていった感じです」。

多感な高校生の息子、虹輝役は、関西ジャニーズJr.のユニット、なにわ男子の道枝が務めた。道枝は井ノ原との親子役が決定した後、挨拶にきたのだと言う。「ちょうどバンド用のポスター撮影をした時に道枝くんが突然来てくれて、『東京に出てきたので』と、『なにわ男子 道枝』というのしが付いたお菓子を渡されたんです。きっと、お父さんやお母さんが、すごくしっかりした方なんだろうなと思いました。僕が若いころは、先輩に贈り物なんて、あんまりしたことがなかったので」。

息子・虹輝役の道枝
息子・虹輝役の道枝[c]2020「461個のおべんとう」製作委員会

井ノ原は、現在18歳の道枝について「よく『最近の若いもんは……』という話を聞くけど、道枝くんについては、いいことしか言えません」と感心する。
「僕と道枝くんの年齢は26歳も離れていますが、彼は関西出身だから、きっと大人たちから阪神淡路大震災の話も聞いていると思うし、現在もコロナ禍ということで、いろいろなことを考えているんだろうなと。道枝くんが『この映画は、当たり前のことばかりを描く世界なのに、いまとなっては、当たり前じゃないことばかりが詰まっている映画になりました』と言っていたけど、本当にそのとおりだなと思いました」。

関連作品

  • 461個のおべんとう

    3.9
    394
    親子の成長と絆を描いた渡辺俊美によるエッセイを井ノ原快彦×道枝駿佑共演で映画化
    Amazon Prime Video Netflix