門脇麦や水原希子らに高良健吾が「皆が可愛いしカッコイイ」『あのこは貴族』舞台挨拶|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
門脇麦や水原希子らに高良健吾が「皆が可愛いしカッコイイ」『あのこは貴族』舞台挨拶

イベント 2020/11/5 17:02

門脇麦や水原希子らに高良健吾が「皆が可愛いしカッコイイ」『あのこは貴族』舞台挨拶

『あのこは貴族』の舞台挨拶に登壇した門脇麦と水原希子
『あのこは貴族』の舞台挨拶に登壇した門脇麦と水原希子

第33回東京国際映画祭特別招待作品『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の公式上映が、11月5日にEXシアター六本木で開催され、門脇麦、水原希子、高良健吾、岨手由貴子監督が舞台挨拶に登壇。主演の門脇は「私は個人的に、この映画は自分が開放される物語だと思っています」と力強くアピールした。

本作は、山内マリコの同名小説の映画化作品。都会生まれの箱入り娘・華子(門脇)と、地方から上京し自力で都会を生き抜く美紀(水原)という境遇の異なる2人が巡り合い、自分の人生を切り開こうとする物語。初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』(15)で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督がメガホンをとった。

榛原華子役の門脇麦
榛原華子役の門脇麦

門脇は、水原が演じた美紀の印象について「本当に、現場ですれ違ったりもしなかったので、どのような雰囲気になっているのか、想像がついてなくて。前半が華子、後半が美紀という、違う映画になった感じでした。華子は硬い感じだけど、希子ちゃんは軽やかな方なので、2人が交わる瞬間に、ああ、こういう映画だったんだと、やっと思えました」とコメント。

水原も同様だったようで「私も、華子のシーンがどういうふうに描かれているのか、想像がつかなかったです。でも、試写で観て、タイトルが出てくる時の華子がなんともいえない表情をしていて、引き込まれました。華子がとて魅力的でかっこいいなと思いました」と、互いに称え合った。

高良も「2人が交わった時のおもしろさがいい」としたうえで、門脇たち女優陣について「みんなが可愛いし、カッコいい。観たらわかりますよ」と太鼓判を押した。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

岨手監督も「3人と、あとは山下リオさん、石橋静河さんに、メインで演じていただきましたが、キャラクターも5人がそれぞれ違うし、役に対するアプローチも全然違っていました」と最初は戸惑ったようだが「脚本上では、想像できない感情の機微を、皆さんから提案してくださり、やっていくうちに、完成形のキャラクターができあがりました。役者さんが演じることによって命が吹き込まれるというのは、言葉で聞いたことがあったけど、ここまで実感させられたのは初めてでした」と手応えを口にした。

今年のTIFFは、映画の未来への希望の光を灯すべく、コロナ禍でも感染対策を取りながら、映画館での上映を基本としての開催に踏み切った。期間は10月31日~11月9日(月)で、六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズやEXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、東京国際フォーラム、神楽座などで連日開催中。

取材・文/山崎伸子

関連作品

  • あのこは貴族

    3.9
    167
    東京で異なる階級に生きる女性たちを描いた山内マリコの原作を岨手由貴子監督が映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT