庵野秀明監督・脚本で『シン・仮面ライダー』制作!仮面ライダー生誕50周年で“重大発表”|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/4/3 21:43

庵野秀明監督・脚本で『シン・仮面ライダー』制作!仮面ライダー生誕50周年で“重大発表”

1971年4月3日の放送開始から数え、生誕50周年を迎える仮面ライダーの生誕50周年企画発表会見が4月3日、丸の内TOEIにて開催され、東映代表取締役社長の手塚治氏、同社取締役テレビ第二営業部部長の白倉伸一郎氏らが出席。庵野秀明脚本・監督で『シン・仮面ライダー』が制作されることが明かされた。

【写真を見る】『シン・仮面ライダー』の公開は2023年3月を予定。等身大ヒーローに憧れ、熱中していたという庵野秀明が監督
【写真を見る】『シン・仮面ライダー』の公開は2023年3月を予定。等身大ヒーローに憧れ、熱中していたという庵野秀明が監督

現在テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダーセイバー」をはじめとする仮面ライダーシリーズ。その歴史は長きに渡り、世界中の子どものみならず、大人にまで愛され続け、毎週日曜の放送後にはSNSトレンドを網羅している。そんななか、3月28日より仮面ライダーの公式WEBサイトに、突如、謎の3つのカウントダウンタイマーが出現。いずれも4月3日の「8:00am」「10:00am」「7:30pm」に向けカウントダウンがスタートしていた。

仮面ライダーの<何か>を指し示しているであろうこのカウントダウン。今回の会見は、ちょうど生誕50年を迎える瞬間である「7:30pm」に合わせて“重大発表”が行われるということで、注目を集めていた。

そして、発表されたのが庵野秀明脚本・監督で制作される『シン・仮面ライダー』について。庵野監督は「50年前、当時の小学生男子のほとんどが仮面ライダーという等身大ヒーローに憧れ、熱中しました。自分もその一人でした。50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいという想いから本企画を始めました。最初の企画メモから足掛け6年。コロナ禍の影響による制作スケジュールの変更から公開はほぼ2年先となりましたが、何卒よろしくお待ち願います」とコメントを寄せた。公開は2023年3月を予定。

2000年より放送した「仮面ライダークウガ」など、数々の仮面ライダーシリーズに参加している白倉氏は、「好奇心のエンジンがブルンブルンです!撮影はこれから。余裕を持って23年の公開を目指せると思う」と話していた。

また、「仮面ライダーW」の続編マンガ「風都探偵」の初のアニメ化について、『仮面ライダーBLACK』のリブートについても発表。『仮面ライダーBLACK』 は、『孤狼の血』『凶悪』の白石和彌監督の指揮のもとリブートし、新作『仮面ライダーBLACK SUN』を制作。白石監督は「とんでもないプロジェクトに身震いしている」と発言している。

ちなみに“仮面ライダーの魅力”について、同社テレビ企画制作部長の塚田英明氏は、「深いテーマ性が魅力なのではないか」とコメント。同社取締役のコンテンツ事業部門担当・吉村文雄氏は、「ものすごく怖かった作品もある。他の作品とは毛色が違う、不思議な魅力を持ったシリーズ。50年続く作品の力(を感じる)。この先も続いていくのだと思う」、白倉氏は「私もかじりついて観ていた世代。仮面ライダー2号の一文字隼人の変身ポーズくらいから流行っていったと思う。仮面ライダーは、陰と陽がない交ぜになっている人間ドラマ。お子さま向けの、明るくはっちゃけた作品という部分もあったり。エンターテインメントとドラマを兼ね備えることができる、ものすごい器だった」と評した。

さらに、手塚氏は「最初の変身ベルトは300数十万本売れたそうです。その他、食品や飲料、アパレル関連、子供用の日用品、ありとあらゆるものに仮面ライダーを使ったものを展開してきました。この50年、本当に感謝いたします」と謝意を表し、「今後も新たな魅力を発信していきたい」と意気込んでいた。

取材・文/平井あゆみ

関連作品