松坂桃李の強面、たくましい背中にシビれる!『孤狼の血 LEVEL2』劇中カット解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/7 19:00

松坂桃李の強面、たくましい背中にシビれる!『孤狼の血 LEVEL2』劇中カット解禁

松坂桃李主演の映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)。第42回日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を総なめにした映画『孤狼の血』(18)の続編となる本作より、シビれる場面写真が到着した。

【写真を見る】因縁の相手嵯峨(滝藤賢一)をにらみつける日岡
【写真を見る】因縁の相手嵯峨(滝藤賢一)をにらみつける日岡[c]2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

本作の舞台は、前作から3年後の広島の裏社会。伝説の刑事、大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事、日岡秀一(松坂)は、権力を用い暴力組織を取り仕切っている。そこに出所してきた“悪魔”と呼ばれる男が現われ事態は急転していく、という完全オリジナルストーリーが描かれる。

解禁された場面写真は、睨む、口説く、せめぎ合う、とさまざまな表情がシビれる日岡と主要キャストとの絡みのシーン。前作にも登場した因縁のある広島県警本部の管理官、嵯峨(滝藤賢一)と対峙する場面では眼光鋭い日岡の姿が。相棒となる刑事、瀬島(中村梅雀)とのシーンでは堂々とした表情を、さらにチンタ(村上虹郎)の姉、真緒(西野七瀬)を口説き落とすかのように見つめるなど、前作とはガラリと変わった、凄み、色気溢れる日岡の姿が拝める。


さらに、怪しい表情でどこかへ入っていく日岡を捉えた写真も。何かを気にするかのように眉をひそめ、振り返る姿には危険な香りが漂っている。

たくましい背中、堂々とした表情、鋭い眼光。この刑事は、正義なのか、悪なのか。前作からは想像もできない変化を遂げた日岡が繰り広げる新たな物語に期待したい。

文/タナカシノブ

関連作品