『いのちの停車場』吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、⻄田敏行のキャラクターポスターが完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/14 12:00

『いのちの停車場』吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、⻄田敏行のキャラクターポスターが完成

吉永小百合の主演で終末医療の現場を真摯に描いたヒューマンドラマ『いのちの停車場』(5月21日公開)。このたび同作より、物語の舞台となる「まほろば診療所」のメンバー4人のキャラクターポスターが披露された。

【写真を見る】咲和子(吉永小百合)は、ある出来事をきっかけに故郷・金沢の診療所で働き始める
【写真を見る】咲和子(吉永小百合)は、ある出来事をきっかけに故郷・金沢の診療所で働き始める[c]2021「いのちの停車場」製作委員会

現役医師でありながら作家として活躍する南杏子による同名小説を原作に、吉永をはじめ、松坂桃李、広瀬すず、⻄田敏行ら豪華キャストが共演する本作。救命救急の現場を離れて在宅医療専門医として働くこととなった白石咲和子(吉永)は、戶惑いながらも患者それぞれの願いや家族の心に寄り添うことの大切さに気づいていく。そして彼女は、医大卒業生の野呂聖二(松坂) 、看護師の星野麻世(広瀬)、「まほろば診療所」院⻑の仙川徹(西田)たちに支えられながら、自身も“いのちの在り方”、“生きるという意味”を考えるようになる。

公開されたキャラクターポスターは、雨の中で優しい表情をした診療所の面々が印象的なものに。一人一人にキャッチコピーも添えられ、 少し物憂げな表情の咲和子は「降り続ける雨にも、輝く瞬間がある。」 との言葉通り、患者たちの”いのちのかがやき”を見届けようと奔走する彼女の性格を表現。他のメンバーもそれぞれの人柄がにじみ出たポスターに仕上がっている。

現代日本の医療の在り方に正面から向き合いながら、堅苦しくなく感動の物語へと昇華させた本作。“いのち”、そして“願い”に寄り添い、すべての人たちの背中を押し、やさしく包みこんでくれることだろう 。

文/入江奈々

関連作品