舞台は日本の新幹線!ブラッド・ピット×伊坂幸太郎『Bullet Train』の公開日が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/15 21:00

舞台は日本の新幹線!ブラッド・ピット×伊坂幸太郎『Bullet Train』の公開日が決定

多くの著作が映像化されている人気作家、伊坂幸太郎が2010年に発表した小説「マリアビートル」を、「ジョン・ウィック」シリーズや『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(19)のデヴィッド・リーチ監督のメガホンで映画化する『Bullet Train』の全米公開日が2022年4月8日(金)に決定した。「Variety」など全米の複数メディアが報じている。

メガホンをとるのはアクション映画の名手デヴィッド・リーチ監督
メガホンをとるのはアクション映画の名手デヴィッド・リーチ監督写真:SPLASH/アフロ

原作の「マリアビートル」は2015年に映画化もされた「グラスホッパー」の続編として、東京から盛岡に向かう東北新幹線に乗り合わせた5人の攻防を描いたスリラー。以前の報道によれば映画版でも日本が舞台になるが、東京から京都へ向かう東海道新幹線に脚色されるとのこと。また「Hollywood Reporter」の報道では、新幹線を舞台に『スピード』(94)と『フライト・ゲーム』(14)が融合したような作品になるとの説明も。リーチ監督作品らしい壮絶なバトルアクションが展開するものと見られている。

主人公の殺し屋“レディ・バグ”を演じるのはブラッド・ピット。共演には「キスから始まるものがたり」シリーズのジョーイ・キングや『TENET/テネット』(20)のアーロン・テイラー=ジョンソン、『ジョーカー』(19)のザジー・ビーツ、『モータルコンバット』(6月18日公開)にも出演する真田広之に、『ゼロ・グラビティ』(13)のサンドラ・ブロック。さらにマイケル・シャノンやローガン・ラーマン、マシ・オカなど実力派キャストがずらり。


レディー・ガガも参戦!?日本の新幹線を舞台に、殺し屋たちがバトル
レディー・ガガも参戦!?日本の新幹線を舞台に、殺し屋たちがバトル写真:SPLASH/アフロ

また、昨年の11月にはレディー・ガガがメインキャストではない小さな役柄で出演することも報じられている。日本の小説を原作に、豪華ハリウッドスターたちが日本を舞台に繰り広げるアクションスリラーとあって、早くも熱視線が注がれている本作。全米ではIMAXなどラージフォーマットでの上映も決定しているようで、日本での公開情報も楽しみに待ちたい。

文/久保田 和馬