木村拓哉が海外作品に初参加!「GOT」プロデューサーが手掛ける超大型プロジェクト「THE SWARM」が始動|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/16 20:00

木村拓哉が海外作品に初参加!「GOT」プロデューサーが手掛ける超大型プロジェクト「THE SWARM」が始動

世界中で社会現象を巻き起こしたドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要プロデューサーのひとりで、同作を含めてこれまで6度のエミー賞に輝くフランク・ドルジャーが製作総指揮を務める超大型国際ドラマ「THE SWARM(原題)」がついに始動。このたび本作に、日本から木村拓哉が出演することが決定した。

ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、スイスの放送局と北欧を代表するメディアエンタテインメント企業「Nordic Entertainment Group」、そしてオンライン動画配信サービス「Hulu Japan」が参画する規格外の国際プロジェクトとなる本作は、世界各地を舞台にした海洋SFサスペンス。ドイツの作家フランク・シェッツィングが2004年に発表し、大ベストセラーを記録した小説「深海のYrr」を原作に、深海に生息する未確認知的生物の群れに直面する“人類の戦い”を描きだす。

木村が演じるのは、ストーリー後半部分でのキーパーソンのひとりであるアイト・ミフネ。人類の危機に立ち向かう科学者グループのひとつを組成し海洋問題に取り組む“ミフネ財団”の創設者で、自らチームを指揮するミフネは、人類の運命のカギを握る重要な役どころ。「彼の作品を拝見し、このキャラクターを演じるのにうってつけと確信しました」と明かすドルジャーからの熱烈なオファーによって出演が実現した木村は、これが海外制作ドラマ初参加となる。

他の出演陣には『ハンナ・アーレント』(12)のバルバラ・スコヴァや「スパニッシュ・アパートメント」シリーズのセシル・ドゥ・フランス、『ラスト・リベンジ』(14)のアレクサンダー・カリム、「ザ・クラウン」のレオニー・ベネシュら10カ国を超える国際色豊かな俳優陣が集結。全編英語作品で、撮影は今年6月から9月にかけてイタリア国内で行われる予定となっている。

国境を超えて才能あふれるクリエイターやキャスト陣が結集する一大プロジェクトで、日本を代表する木村がどのような演技を見せてくれるのか。「THE SWARM」は2022年に世界同時放送&配信開始。日本ではHuluで独占配信予定。続報に乞うご期待だ!