内村光良、坂本真綾、斎藤司が続投!『SING/シング』最新作の公開日決定&日本限定特報が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/7/29 7:00

内村光良、坂本真綾、斎藤司が続投!『SING/シング』最新作の公開日決定&日本限定特報が解禁

興行収入51億円超の大ヒットムービーの最新作『SING/シング:ネクストステージ』が2022年3月18日(金)に公開されることが決定。内村光良、坂本真綾、トレンディエンジェルの斎藤司ら前作の声優陣の続投が明らかとなった同作より、日本限定特報が到着した。

本作は、豪華ヒットソングに乗せてダンスあり、ミュージカルあり、ライブありのミュージック・エンタテインメント。前作で取り壊し寸前だったニュー・ムーン・シアターは連日満席となり、劇場支配人のバスターとグンター&ロジータたちは華やかで煌びやかなエンターテイメントの聖地レッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターで新しいショーを披露するという大きな夢に向かって歩み始める。

世界で唯一、全編吹替版の制作が許されている日本では、主人公バスターの声を担当する内村とロジータ役の坂本、グンター役の斎藤のほか一部主要キャストが続投することが決定した。

内村は「5年分、歳をとったので、なるべく若さを保って…思いだしながら演じたい」と抱負をコメント。また坂本は「前作では自分の殻を打ち破り見事に夢をかなえたロジータ、今作ではどんな新しいチャレンジをするのかワクワクしています」と期待を語り、斎藤は「前回はまだ娘が生まれる前に演じたのですが、いまは3歳になり、グンターとダンスした映像を何回も見て踊ってくれている」と家族のエピソードを明かしている。

解禁された日本限定特報は、内村による本作の見どころ紹介からスタート。活気あふれる街角の巨大モニターから一夜限りのショーの開催を告げるバスターの姿や、人生最大の舞台に向かって着々と準備を進めていくロジータたちの様子が映しだされ、期待感が煽られる。


おなじみのニュー・ムーン・シアターの面々に加えて、伝説のロックスター・ライオンのクレイをはじめとする魅力的な新キャラも数多く登場する『SING/シング:ネクストステージ』。彼らの新たなる挑戦を見届けよう。

関連作品