King & Prince永瀬廉がダーティな新境地、『真夜中乙女戦争』撮影現場レポート!「最初から最後まで“私”の変化を見てほしい」 - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/9/29 11:30

King & Prince永瀬廉がダーティな新境地、『真夜中乙女戦争』撮影現場レポート!「最初から最後まで“私”の変化を見てほしい」

本作で退屈な日常を過ごす“私”は、たまたま目にした“かくれんぼ同好会”というサークルで出会った“先輩”に密かに惹かれていく。そして危険な匂いのする謎の男“黒服”との出会いで日常が一変する。永瀬自身と“私”の似ている部分について聞くと「不器用なところ。僕とはまた違った種類の不器用さですけど、似ているなと思います」と分析。つかみどころのない“私”はかなりの難役となったはずだが、それには二宮監督も「僕もいまだに“私”がわからないかもしれない。結局“私”は自分がわからない人で、“先輩”と“黒服”は自分自身をちゃんと理解している人。その違いだと思うんですけど、そういう人たちと出会うことが人間を成長させるんですよね」と語る。

「これまでと違う“永瀬廉”になっているんじゃないかと思います」(永瀬)

今作が初タッグとなり、撮影前には「かっこいい映画にしよう!」と誓い合ったという二宮監督と永瀬。そんな監督について永瀬は「『わからないことがあったらなんでも聞いて』と言ってくださって。もうありがたいことばっかりです。すごく丁寧に指摘してくださいますし歳も近いので、二宮監督も積極的に肩を組んで『今日も頑張ろうね』とおっしゃってくださったり、距離感が近く感じられてうれしいです」と語る。二宮監督自身も「今回永瀬くんには、いままでにないくらい遠慮なく伝えさせてもらった」といい、この難役をやり切れたのは「永瀬くんの持ち前の強さ」だとも明かす。

自身の20代最後となる本作に、並々ならぬ思いを持って挑んだ二宮監督
自身の20代最後となる本作に、並々ならぬ思いを持って挑んだ二宮監督[c]2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

今作の出演について永瀬は「いままで出演した作品とはジャンルも違いますし、キラキラ系でもキュンキュン系でもない、ダークな一面がある作品に出させてもらえるのは、すごくうれしくて光栄なこと。そういう意味で、これまでと違う“永瀬廉”になっているんじゃないかと思います」と、自身の新たな挑戦に自信を覗かせる。

そんな永瀬が“私”を演じるうえで特にこだわったというのが、話し方のトーンだという。「役作りにもつながるんですけど、“私”というのは“トーンが上がらない人”なんです。監督から『普段の自分のトーンより下げて話してほしい』という指示があったので、全体的に下げ、上がる箇所が少なくなるように調整しました。難しかったですが、意識して丁寧にやっています」と明かした。

そして“私”の運命を変える、美しく冷酷な“先輩”と、謎の危険な男“黒服”。まさにハマり役となっている池田と柄本だが、永瀬自身も「ビックリするほどピッタリでしたね!そのなかで揉まれる普通の“私”がうまく表現できてたらいいなと思います」と話す。

初共演者の柄本、池田との掛け合いも見どころ
初共演者の柄本、池田との掛け合いも見どころ[c]2022「真夜中乙女戦争」製作委員会


2人とは今作の撮影で、とても仲良くなったという永瀬。「お2人ともおもしろくて、それぞれが別の雰囲気を醸しだされていました。それが僕にはすごく心地良くて、楽しくお話しさせてもらっています」と、意気投合している様子。2人とは初共演となるが「対面してお芝居することで、それに引っ張られて出てくる感情もありますし、助けていただいている部分がすごく大きいですね」とも。「柄本さんも僕に話を合わせてくださって、すごく話しかけやすいです」といい、現場では「柄本さんがハマっているアーティストの動画を一緒に見たり、エライザさんは現場にカメラを持ってきていたので、撮影されている時にどうにか写真に写り込もうと頑張りました(笑)」とその仲の良さを覗かせた。

関連作品

  • 真夜中乙女戦争

    -
    47
    F原作の同名小説を二宮健がメガホンを取り永瀬廉×池田エライザ×柄本佑共演で映画化