『フラ・フラダンス』水島精二監督「お仕事ものは憧れだったジャンル」脚本吉田玲子との初タッグの感想も明かす|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/11/6 19:04

『フラ・フラダンス』水島精二監督「お仕事ものは憧れだったジャンル」脚本吉田玲子との初タッグの感想も明かす

開催中の第34回東京国際映画祭での日本の最新アニメを取り上げる特集「2021年、主人公の背負うもの」にて、11月6日にTOHOシネマズ シャンテでアニメーション映画『フラ・フラダンス』のQ&Aセッションが行われ、水島精二監督が登壇。本作のテーマを決めた経緯や初タッグとなる脚本の吉田玲子との仕事について語った。

【写真を見る】応援したくなるようなキャラクターを意識したことを明かした水島監督
【写真を見る】応援したくなるようなキャラクターを意識したことを明かした水島監督

本作は、福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、通称<フラガール>の新入社員、夏凪日羽(なつなぎひわ)と同期の仲間たち、彼女たちを取り巻く人々との絆を描くオリジナルアニメ映画だ。

ストーリー作りの経緯について水島監督は「福島県いわき市にロケハンに行き、ダンサーの方たち、地元の方たち、スパリゾートハワイアンズの方たちに取材をしました。お話を聞くなかで“お仕事もの”にすることが企画の趣旨に一番合ったものが作れると感じました」と明かした。

以前より“お仕事もの”に興味があったという水島監督。「周防正行監督の『ファンシイダンス』、『シコふんじゃった。』、『Shall we ダンス?』といった作品が大好きなんです。仕事と密接させながら主人公の成長を描くことに憧れを持っていました」とお仕事ものへの想いを語った。「題材は知っているけれど、実は詳しいことはあまり知らないよね」といった内容を描くことにおもしろさを感じるそうだ。

本作は原作のないオリジナル作品。脚本作りは、現地での取材メモを脚本の吉田に共有するところから始まったという。「僕のメモはそこまで情報量が多いものではなく、さらにコメディ要素がかなり強かったのですが、“等身大の女の子を描く”というプロットに見事に仕上げてくれました。初手から“信頼できる”と感じましたし、吉田さんに仕事のオファーがたくさんある理由が分かった瞬間でした」と吉田を絶賛していた。

主人公の日羽は「物語を引っ張るタイプではない」と解説。「応援したくなる、どこにでもいるようなキャラクターであることが重要だと考えていました。アニメならでは表現もありますが、基本的には等身大のキャラクターであることを意識していました」と説明した。


周防正行監督作品が好きな理由も明かした
周防正行監督作品が好きな理由も明かした

Q&Aのコーナーでの「劇中に登場するスポットはどのように選んだのか」という質問に、水島監督は「シナハンして吉田さんと僕で決めました。ご当地巡りのような映画にならないよう、あくまでもフィルムにおいて画として力になるところを選んで落とし込んでいきました」と回答した。「日羽の失敗シーンが印象的だった」というコメントに「取材時に聞いた、本当にあったエピソードです。まさにロケハンの成果です!」と本作において現地での取材が重要な役割を果たしたことをアピールしていた。さらに、観客に向けて「ハワイアンズには温泉もあるので、ぜひ訪れてゆっくり過ごしてください」とおすすめしていた。

取材・文/タナカシノブ


爽やかな感動を、様々な“声”で紐解く!『フラ・フラダンス』特集【PR】