柄本佑、伊藤沙莉らが日本語吹替版に参加!『シチリアを征服したクマ王国の物語』予告映像が公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/10 17:01

柄本佑、伊藤沙莉らが日本語吹替版に参加!『シチリアを征服したクマ王国の物語』予告映像が公開

先日行われた第8回新千歳空港国際アニメーション映画祭で長編部門グランプリを獲得した、フランス・イタリア合作のアニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』(2022年1月14日公開)の予告映像が完成。あわせて本作の日本語吹替え版に、柄本佑と伊藤沙莉、リリー・フランキーらが参加することが明らかになった。

【写真を見る】クマたちが人間の街に進撃!世界的イラストレーターが描く躍動感は必見
【写真を見る】クマたちが人間の街に進撃!世界的イラストレーターが描く躍動感は必見[c]2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHÉ FILMS - FRANCE 3 CINÉMA - INDIGO FILM

“イタリアのカフカ”と呼ばれるディーノ・ブッツァーティの児童文学を、イラストレーターのロレンツォ・マトッティが映像化した本作。遠い昔、頂が氷で閉ざされた高い山に住むクマの王レオンスの息子トニオがハンターたちに捕らえられてしまう。王は我が子を救出するべく、厳しい冬の飢えと寒さからクマたちを引き連れ、人間が住む平地を目指し山を降りていくことに。

このたび解禁された予告映像はトニオとレオンスが水浴びをしている牧歌的な風景から幕を開ける。連れ去られたトニオを探すため、仲間の助言を受けて人間の住む街を目指すレオンス。そして衝突する人間とクマたち。やがて人間を制圧するクマたちだったが、次第に歯車が狂い始めていく…。原作者ブッツァーティの「小さなキャラクターで大きな風景を描く」という手法にインスパイアされたというダイナミックな表現を堪能できる映像に仕上がっている。

また日本語吹替え版では、柄本が語り部のジェデオン役と魔術師デ・アンブロジス役の2役に、伊藤がジェデオンの弟子アルメリーナ役、トニオと行動を共にする勇敢で聡明な女性アルメリーナ役、人間にさらわれる幼少期のトニオ役の3役に挑戦。そしてリリー・フランキーはジェデオンとアルメリーナが洞窟で出会う老クマの声を担当し、野心家のクマのサルペトル役を加藤虎ノ介、レオンス役を堀内賢雄、トニオの青年期役を寺島惇太が担当する。


“グラフィック・ジュエル”とも称された、観客を物語の世界へと引き込んでいく美しく色彩豊かな表現のなかで繰り広げられる、時にサスペンスフルで、時に詩情たっぷりな冒険劇。是非とも劇場で、クマたちの進撃を目撃してほしい。

関連作品