マジメな女の子がモフモフのレッサーパンダに!『私ときどきレッサーパンダ』キュートな特報映像が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/11 5:00

マジメな女の子がモフモフのレッサーパンダに!『私ときどきレッサーパンダ』キュートな特報映像が解禁

「モンスターズ・インク」や「トイ・ストーリー」シリーズなど数々の名作を生みだしてきたディズニー&ピクサーの最新作『私ときどきレッサーパンダ』が、2022年3月11日(金)より日本公開されることが決定。あわせて、キュートなポスタービジュアルと特報映像が解禁となった。

ときどきレッサーパンダになってしまうティーンエイジャーの女の子“メイ”の姿を描く本作。伝統を重んじる家庭に生まれ、母親の前ではいつもマジメで頑張り屋のメイだったが、ある出来事をきっかけに本当の自分を見失い、感情をコントロールできない状態に。そして翌朝目を覚ますと、なんとメイはレッサーパンダの姿になってしまっていた…。監督は、ピクサーの短編アニメーション『Bao』(18)で親子のほろ苦い真実と深い愛を描き、第91回アカデミー賞短編アニメーション賞をアジア系女性として初めて受賞したドミー・シーが務める。

解禁された特報映像では、学校の教室で「私はマジメ…私は素直…私は頑張り屋…」とコミカルな表情で自分自身に言い聞せるメイの表情が映しだされる。両親を敬い母親の期待に応えようと頑張るメイだったが、そう言い聞かせていた次の瞬間大爆発を起こしピンク色の煙とともにモフモフの大きなレッサーパンダに変身してしまう。学校を飛びだし、元の姿に戻ろうとするメイだが…。


なぜメイはレッサーパンダになってしまったのか?ありのままの自分を受け入れてくれる友人やすれ違う母親、様々な人との関係を通して“本当の自分”を見つけようとするメイ。観る者の背中をそっと押してくれる、ディズニー&ピクサーが贈るイマジネーションあふれる新たな物語に期待したい!

文/富塚沙羅