GENERATIONSをデビューから撮り続ける久保茂昭監督の到達点、リスペクトするSABU監督との対談で明かしたメンバーの“素顔”と“新たな一面” - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/11/23 19:45

GENERATIONSをデビューから撮り続ける久保茂昭監督の到達点、リスペクトするSABU監督との対談で明かしたメンバーの“素顔”と“新たな一面”

「佐野玲於くんは、役者としてすごくいいものを持っている」(SABU)

――キャストの方々もとても魅力的です。『BLUE BIRD』では佐野玲於さん、醍醐虎汰朗さんが仲良し兄弟を演じています。2人の息の合ったやり取りがとても印象的です。

【写真を見る】『BLUE BIRD』では佐野玲於が青髪&パンクファッションを披露
【写真を見る】『BLUE BIRD』では佐野玲於が青髪&パンクファッションを披露[c]2021 CINEMA FIGHTERS project

SABU「醍醐くんはきっかけを作るのがとてもうまくて。臨機応変に仕掛けて、さらに佐野くんがそれを見事に受けてくれて、2人の関係性を作ることができました。台本ももちろんありますが、2人には自由に動いてもらったんです。だからこそ、リアルな兄弟感や彼らの生き生きとした表情を楽しめる作品になっていると思います。佐野くんは役者としてどのような表現をすべきかまだ迷っているようなところもありますが、すごくいいものを持っている。例えば堤防に座っているシーンでは、正面から見ると目が赤くなっているのがわかる。すごくいい表情をしていましたね。たたずまいで表現のできる役者さんだと感じます。だからこそ今回の現場を経て、佐野くんには『深く考えすぎたり、うまく芝居をしようとしたりせず、自信を持ってそこに立っていればいいんだ』と声をかけました」

――『水のない海』では、小森さんが人見知りの宅配サービス員役を演じています。先ほどの久保監督からのお話にもありましたが、小森さんの新たな一面を見ることができました。

小森隼は人見知りの青年・ユキオを演じている
小森隼は人見知りの青年・ユキオを演じている[c]2021 CINEMA FIGHTERS project


久保「隼はいつも頑張りすぎてしまうようなところがあって。トークも得意な彼ですが、僕はまた違う一面にとても人間らしさを感じていたので、なんとかそこを映しだしたいと思っていました。今回、隼を撮ってみて『いろいろな引き出しを持っている役者だな』と実感できました。主人公が配達を依頼した女性と出会い、変わっていく様子も描かれていきますが、冒頭の隼の“素な表情”はとてもいいものが撮れていると思います。僕は、隼の映画デビュー作となった『HiGH&LOW THE WORST』でも一緒に仕事をしているのですが、隼が俳優としてまた一歩踏みだせたという現実と、本作の主人公の踏みだす一歩がリンクしていたらいいなと感じています」

「SABU監督の思い描く構図で撮られたミュージックビデオをぜひ観たい!」(久保監督)

――お2人は今回の対談が初対面となるそうですね。

久保「僕はもう、SABU監督のお話を生で聞けるだけでもものすごくうれしいです!ずっとSABU監督のお話を聞いていたいです(笑)」

SABU「僕もいろいろ聞きたいです。ミュージックビデオなどで、ものすごく凝った映像を撮られていますよね。使用する機材や撮り方などはどうやって勉強をしているんですか?」

久保「僕はハリウッド映画も大好きなので、『こういったシーンをダンスと組み合わせることができないかな』など、映画を観ながらネタ集めをしていたりしています。日本にはない機材を使わなければできないシーンもありますので、スピード感を出すためにはどうしたらいいか、さらにオリジナルなものにするためにはどうすればいいのか、アクション部と考えています。僕はSABU監督の作品を観ていると、いつも驚かされる瞬間があります。今年公開になった『砕け散るところを見せてあげる』でも水中の描写やクライマックスで画面中が真っ赤になるシーンなど、一体どうやって撮っているんだろうと衝撃を受けました」

SABU「水中のシーンは、グリーンバックを使用して撮影しています。部屋が真っ赤になるシーンは、霧のような血の雨を表現したかったんです。そのために赤い水を作るだけではなく、赤い照明を足してみたり、何度もカメラテストをしながら完成させました」

久保「やはり、ご自分の頭に浮かんだ映像を実現させるために何度もカメラテストをされるんですね」

SABU「最近は自分でカメラを回したいなという欲が出てきて。僕は映像の余白や、どこに人物を持っていくのかなど、構図を考えるのが大好きなんです。変わった構図で撮ったらどうなるだろうかということにものすごく興味がある。水墨画や日本画なども、余白や空間を生かしたすばらしい絵がたくさんありますよね。そういった日本の美術がとても好きです」

久保「そうなんですね。SABU監督がご自分でカメラを回した映画をぜひ観てみたいです。SABU監督はミュージックビデオに興味はありますか?」

SABU「ものすごくやってみたいんですよ」

久保「ミュージックビデオはチャレンジングな映像にもトライしやすい場所なのかなと思うので、SABU監督の思い描く構図で撮られたミュージックビデオをぜひ観たいです!」

関連作品