白濱亜嵐「GENERATIONS全員がそれぞれ主演をやる時がくるなんて」GENERATIONS&主題歌アーティスト18名集結のプレミア開催!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/11/18 19:34

白濱亜嵐「GENERATIONS全員がそれぞれ主演をやる時がくるなんて」GENERATIONS&主題歌アーティスト18名集結のプレミア開催!

GENERATIONS from EXILE TRIBE のメンバーが主演を務める6つのショートフィルムで構成された映画『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』(11月26日公開)の「プレミア上映会&Special Live」が11月18日に都内で行われ、GENERATIONSのメンバーと各主題歌を担当した KAZUKI、伶、DEEP SQUAD、iScream、企画・プロデュースの別所哲也が登壇。上映後にはそれぞれの主題歌を一挙生歌唱し、舞台挨拶では各作品の撮影エピソードが明かされ会場を大いに沸かせた。

本作は、EXILEのHIRO、SSFF&ASIA代表の別所哲也、作詞家の小竹正人による詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクトの第4弾。それぞれの主題歌からインスパイアされた物語を、GENERATIONS主演のもと、SABU、新城毅彦、山下敦弘、森義隆、真利子哲也、久保茂昭が監督した。

GENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於
GENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於

主演のGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー、そして各主題歌を担当したアーティストたちがずらりと勢ぞろいした舞台挨拶では、MCの別所から作品ごとに質問が飛んだ。SABU監督の『BLUE BIRD』で主演を務めた佐野玲於は、本作について「一番大切にしていたものを失う様や、ちょっとくすっとするようなところもSABU監督らしい。狂気とユーモラスが混ざっていて演じていて面白かったです」と振り返り、「SABU監督のいちファンとして参加させていただいたんですけど、自分も観て大満足でした」と自信をのぞかせた。

GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐
GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐

続いて、山下敦弘監督の『言えない二人』で主演した白濱亜嵐は「GENERATIONS全員がそれぞれ主演をやる時がくるなんて…」と感慨深げ。「裕太くん(『怪談 満月蛤坂』に主演した中務裕太)が衝撃的過ぎて(笑)」とも明かし「そんな演技できるんだ!」とメンバー間での発見もあった様子。数々のラブストーリーを経験している白濱だが、本作については「これまで派手な役をやることが多かったので、今作のプロットを読んだ時に役者として違う一面を見せたいなと。また劇中で坂井真紀さんが言う『好きな物が一緒のほうがいいのか、嫌いな物が一緒のほうがいいのか』というセリフは僕の中でも答えが見つかっていなくて…メッセージ性のある恋愛映画だなと思います」と見どころについて語った。

GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼
GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼

また、久保茂昭監督の『水のない海』で主演を務めたのが小森隼。繊細な役となったが、小森自身も「普段の自分とは対照的で、久保監督はGENERATIONSがデビューするよりも前から出会っているんですけど、『いつも隼が出したことのない表情を撮りたい、真逆の表現をして欲しい』と明確に撮りたいものを伝えていただいて、すごくナチュラルにやらせていただきました」と撮影を振り返った。


また本作で主題歌「愛だけは…」を担当し今年6月にメジャーデビューを果たしたiScreamのRUIは「映画の主題歌を担当することはデビューの時からの夢の一つでもあった」と笑顔を見せ、「『愛だけは持っているんだ』というこの曲の明るい世界観が私たちもグサッと刺さって、私たち高校生ならではの等身大で、気持ちを込めて歌わせていただきました」と語ると、小森も「高校生なのに僕より堂々とお話しされていてすごい(笑)!」と感心しきりだった。