神木隆之介&柴咲コウW主演でCLAMPの大ヒット漫画「xxxHOLiC」を実写映画化!監督は蜷川実花|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
神木隆之介&柴咲コウW主演でCLAMPの大ヒット漫画「xxxHOLiC」を実写映画化!監督は蜷川実花

映画ニュース 2021/11/23 6:00

神木隆之介&柴咲コウW主演でCLAMPの大ヒット漫画「xxxHOLiC」を実写映画化!監督は蜷川実花

CLAMPのベストセラーコミックが蜷川実花監督のメガホンで映画『ホリック xxxHOLiC』として2022年4月29日(金・祝)に公開されることが決定。あわせて、神木隆之介と柴咲コウが主演を務めることも発表された。

原作は、耽美的なビジュアルで超常現象を描くカリスマCLAMPのベストセラーコミック
原作は、耽美的なビジュアルで超常現象を描くカリスマCLAMPのベストセラーコミック[c]CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

原作は、耽美的に超常現象を描くカリスマ創作集団、CLAMPの2003年~2010年にかけて連載されていたベストセラー同名コミック。単行本は累計1400万部を突破し、小説化、アニメ化、実写ドラマ化、舞台化とメディアミックスが展開されてきたコミックがついに実写映画化される。監督を務めるのは、これまで『ヘルタースケルター』(12)、『Diner ダイナー』(19)、『人間失格 太宰治と3 人の女たち』(19)を手がけ、写真家としても世界的に認められている蜷川。その絵柄の美しさでも支持を集めているCLAMPの世界観を圧巻のビジュアルで映像化する。

心の闇に寄り憑く“アヤカシ”を見ることのできる高校生の四月一日君尋(わたぬききみひろ)を演じるのは、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『君の名は。』(16)の神木。また、どんな願いでも叶える不思議な“ミセ”の女主人である壱原侑子を、『容疑者X の献身』(08)、『青天の霹靂』(14)の柴咲が演じる。自らの能力を消し去りたいと願う四月一日は侑子に出会い、「どんな願いも叶えてあげる。ただし、それに見合う対価をいただく」と告げられる。妖しく美しい侑子は願いを叶えるために、一番大切なものを差し出すように囁くのだった。キャスティングに関し、蜷川監督は「(柴咲の)出演が決定した時点で、この作品の成功を確信しました」「四月一日は神木くんしかいないと思っていた」と2人への絶大な信頼をコメントで寄せた。

また、同時に解禁されたビジュアルは、映画撮影時に蜷川監督が撮り下ろした写真。侑子が妖艶に四月一日を導く様子と切り取った一枚からは監督の世界観が垣間見えている。さらに、監督撮影の四月一日、侑子のキャラクター写真も解禁されている。


神木と柴咲の共演は、神木が10歳の頃のTVドラマ「Dr.コトー診療所」まで遡る。果たして両演技派の久々の共演と蜷川監督の映像手腕はどのようにCLAMPの世界観を構築しているのか?続報に期待して待ちたい。