救世主ネオが東京発の電車でモーフィアスと待ち合わせ?「マトリックス」最新作の本編映像チラ見せ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
救世主ネオが東京発の電車でモーフィアスと待ち合わせ?「マトリックス」最新作の本編映像チラ見せ

映画ニュース 2021/12/15 20:00

救世主ネオが東京発の電車でモーフィアスと待ち合わせ?「マトリックス」最新作の本編映像チラ見せ

全世界で空前の社会現象を巻き起こしたアクション超大作シリーズの新章『マトリックス レザレクションズ』(12月17日公開)。いよいよあと2日で公開を迎える同作より本編映像と押井守らクリエイターの感想コメントが到着した。

衝撃的な設定やストーリー、そして斬新な映像&撮影手法でアクション映画の概念を塗り替えた「マトリックス」シリーズ。その1作目の続編となる本作では、もし世界がまだ仮想世界=マトリックスに支配されていたとしたら?というシリーズの常識を覆す設定でネオ(キアヌ・リーブス)の新たな戦いが描かれる。

解禁された本編映像は、走行する列車内にいるネオが新キャラクターとなる青髪の女性バッグス(ジェシカ・ヘンウィック)から、現在位置が“トーキョー”であると教えられるシーンからスタート。2人を乗せた列車が桜らしき木々に囲まれた線路の上を富士山に向けて進んでいき、車内の扉を抜けた先の部屋には、破れたスクリーンに映しだされるモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)の姿が。「こんなの覚えてない」、「電話ボックスはもう不要」など意味深な会話を伴うシーンが続いた後での予想外の展開に、好奇心がかきたてられる。

一足先に本作を鑑賞した押井守は「『マトリックス』の原点に回帰したなと思いました。ウォシャウスキーの目指している快感原則は1作目に近い」とコメント。そして小池健、伊藤智彦、前田真宏、森本晃司、小島秀夫らトップクリエイターたちも絶賛の声を寄せている。


ネオは再び“真実”のその先に辿り着き、マトリックスに支配された人類、そして世界を救うことができるのか?全世界が注目する『マトリックス』の新章に刮目しよう。

関連作品