藤原竜也と松山ケンイチが再共演に感激!藤原の演技は「パンチされているような感じ」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
藤原竜也と松山ケンイチが再共演に感激!藤原の演技は「パンチされているような感じ」

イベント 2022/1/28 20:57

藤原竜也と松山ケンイチが再共演に感激!藤原の演技は「パンチされているような感じ」

藤原竜也松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス映画『ノイズ』の初日舞台挨拶が、1月28日に丸の内ピカデリー1で開催され、藤原、松山、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏、廣木隆一監督が登壇。熱かった現場を振り返りつつ、永瀬が現場で撮り下ろした写真についてもクロストークを繰り広げた。

鬼才・筒井哲也の同名人気コミックを映画化した本作。幼なじみの圭太(藤原)、純(松山)、真一郎(神木)の3人は、島に突如現れた不気味な男(渡辺大知)を誤って殺してしまう。島や家族の未来のために、彼らは殺人の隠蔽を決意するが、やがてその男が出所したばかりの凶悪犯であることを知る。

泉圭太役の藤原竜也
泉圭太役の藤原竜也

藤原はネタバレ厳禁の本作について「言えないことだらけ。また、初日が迎えられるのか、延期になるのか、状況もわからないなか、無事に公開を迎えられたことには感謝してます」と言うと、松山も「裏でしゃべるなって言われてることがあるので、竜也さんがそのまま言っちゃわないかってことを、僕はすごく心配してます」と笑顔で話し、会場の笑いを誘った。

神木は廣木監督について「なかなかできない役の経験を今回させていただいたので、監督頼りでした。すべて監督がOKならいいというのを指針にしてやっていきました。本当に終わってから感謝しかなかったです」としみじみコメント。


田辺純役の松山ケンイチ
田辺純役の松山ケンイチ

黒木は、藤原と松山が長回しのシーンで自主練をしている姿を見て感銘を受けたようで「こんな先輩たちでも自主練をするんだなと。本当にじゃまだけはしないようにしようと思っていました」と現場を振り返った。

また、藤原は「デスノート」シリーズ以来、がっつり組むのは久しぶりとなった松山について、「本当に楽しかったです。前と変わらぬ彼の立ち姿、度胸、しっかりと軸を持って、自分自身を主張して現場に入ってくれる。俳優部にそういう人が1人いてくれたら助かるんです。いい意味で楽ができるので。今回松ケンの姿勢は勉強になりました」と松山に感謝した。

守屋真一郎役の神木隆之介
守屋真一郎役の神木隆之介

松山も、藤原について「自分が演技をしてるところとは違うところで演技をされてる。圧がすごいんです。ずっと台詞をぶつけられて、パンチをされてるような感じがするんです。もしかした対面した人にしかわからない感覚かもしれないけど」とかなり刺激を受けたことを明かした。

藤原も「ありがたいです。僕自身も久々に楽しかった。こういうメンバーで、上手い人たちとやるのはいい意味でひっぱられるし、すごく貴重ないい経験になりました」と感想を語った。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

続いて、カメラマンとしても活躍する永瀬が撮影したオフショットがスクリーンに投影れた。永瀬は「最初の緊急事態宣言が出た時、僕も引きこもってましたが、身の丈に合ったものを伝えられたらと、毎日笑顔の写真を載せていて。その趣旨に賛同して撮らせてもらったものもあり、僕にとっても特別な映画になりました」とコメント。

笑顔の写真が紹介された藤原は「永瀬さんに『ちょっと来て』と呼ばれるんです。スマイルプロジェクトをやってるから、笑顔でいかないと怒られるかなと思って、めちゃくちゃ笑うようにしました」と言うと、永瀬も「すてきな笑顔をいただいてうれしかったです」と礼を述べた。

取材・文/山崎伸子

関連作品

  • ノイズ

    3.6
    486
    筒井哲也原作のサスペンスコミックを藤原竜也×松山ケンイチのW主演で実写映画化