新垣結衣、“教え子”からの手紙に「胸がいっぱい」と感激!試練を乗り越えた城桧吏らは表彰状を手に笑顔|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
新垣結衣、“教え子”からの手紙に「胸がいっぱい」と感激!試練を乗り越えた城桧吏らは表彰状を手に笑顔

イベント 2022/7/22 22:13

新垣結衣、“教え子”からの手紙に「胸がいっぱい」と感激!試練を乗り越えた城桧吏らは表彰状を手に笑顔

山崎貴監督最新作『ゴーストブック おばけずかん』の初日舞台挨拶が7月22日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣、山崎監督が登壇。新垣が生徒役のメンバーから温かな手紙をもらい、感無量の面持ちを見せた。

『ゴーストブック おばけずかん』の初日舞台挨拶が開催された
『ゴーストブック おばけずかん』の初日舞台挨拶が開催された

本作は、どんな願い事も叶えてくれる一冊の本「おばけずかん」を手に入れた子どもたちが数々の試練に立ち向かう異世界冒険ファンタジー。城、柴崎、サニーマックレンドン、吉村は、オーディションに始まり、撮影、宣伝活動など、演じた役柄同様にいくつもの試練を乗り越えながら、初日を迎えた。

神木は「“成長をしていく”という演技はすごく難しくて」と口火を切り、「でも映画を観させてもらって、子どもたちが一番最初と最後に向けて、本当に成長していっていると思った。それはたぶんみんなが撮影や役を通して、ちゃんと冒険をして、ちゃんと試練を乗り越えて、役と同じように体験や冒険をしていたから」とたくましくなった子どもたちに惚れ惚れ。山崎監督も「この子たちにとっては、映画の撮影自体が異世界に入ったと同じくらいのインパクトだったと思う。演技経験がゼロからスタートした子たちもいる。ちゃんと乗り越えてくれた」としみじみと語っていた。


新垣結衣が表彰状を授与!
新垣結衣が表彰状を授与!

この日は、そんな子どもたちを称え、新垣と神木からサプライズで表彰状が授与された。本作のスタッフ、キャスト一同を代表して、新垣が「図鑑の試練を乗り越えて、無事に映画の公開日を迎えたことを称え、ここに表彰します」と子どもたち一人一人に表彰状を授与。城は「びっくりしました!」と目を丸くし、「こんなにステキなものをもらってうれしいです」と笑顔を見せていた。

また、子どもたちからもサプライズがあった。クランクアップの日には先生役を演じた新垣から、子どもたちに手紙がプレゼントされたとあって、この日は、子どもたちから新垣に向けた手紙を用意し、ステージで読み上げた。本作が「初めての仕事だった」という吉村は、「クランクインの時にガチガチに緊張した私を笑顔で迎えてくださいました。緊張しすぎていて、セリフを噛んでしまった私がセリフを確認していた際に、私の肩に手を置き『文香はちゃんと覚えているから大丈夫』と励ましてくださいました。いつも笑顔で横にいてくださる新垣さんの存在に救われていました」と時に声を震わせながら、いつも見守ってくれた新垣への感謝を手紙で伝えた。

「本当の先生のよう」とそれぞれが温かな手紙を送った
「本当の先生のよう」とそれぞれが温かな手紙を送った

サニーマックレンドンは、「新垣さんはとても穏やかで、時におもしろく、本当の先生みたいな存在でした。僕も新垣さんのように、誰からも愛される人になれるように、これからも頑張っていきたいと思います」と決意表明。「僕の悩み事の相談に乗ってくださった。新垣さんの言葉に毎日救われていた」という柴崎は、「『ずっとこのお仕事を続けているのかな』とつぶやいた時に、新垣さんから『無理にお芝居をするのではなく、別のことをやりたいと思えば、やりたいほうを優先していいと思うよ』と答えてくださった時は、安心感でいっぱいでした」、また「役名ではなく、本名の『楓雅』と呼んでくださっていたのも、内心ウキウキでした」という。

初日を迎え、晴れやかな笑顔見せた城桧吏
初日を迎え、晴れやかな笑顔見せた城桧吏

そして城は「新垣さんと初めてお会いした時は、とても緊張していましたが、撮影を重ねて緊張もとけてたくさん話すことができるようになりました」と振り返りながら、「またあの時に戻りたいと思うことが何度もあります」と告白。「お芝居の面でもたくさん学ばせていただきましたが、ご一緒して学んだ様々なことを、これからも自分に活かしていきたいと思います。また新たな現場でご一緒することができたら、また僕のくだらないギャグで新垣さんに笑ってもらいたいです」と再会を願っていた。

【写真を見る】新垣結衣、小花柄の上品ワンピース姿で登場!
【写真を見る】新垣結衣、小花柄の上品ワンピース姿で登場!

子どもたちから心のこもった手紙をもらった新垣は、「贅沢な時間でした」とうれしそうな笑顔。「撮影時のみんなは、小学生や中学生という年齢だった。そういう一瞬って、本当にサッと過ぎてしまう。その貴重な時間、みんなの人生の一瞬のなかに、私も一緒に過ごすことができて本当に幸せだったなと改めて感じていました。本当にありがとうございました」と喜びを噛み締め、最後の挨拶でも「胸がいっぱいです」と感激しきりだった。

取材・文/成田おり枝

関連作品