橋本環奈、『カラダ探し』撮影中のルーティンは山本舞香、横田真悠とのお風呂!眞栄田郷敦もサウナにハマる|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
橋本環奈、『カラダ探し』撮影中のルーティンは山本舞香、横田真悠とのお風呂!眞栄田郷敦もサウナにハマる

イベント 2022/9/15 20:49

橋本環奈、『カラダ探し』撮影中のルーティンは山本舞香、横田真悠とのお風呂!眞栄田郷敦もサウナにハマる

超刺激的ループ型ホラー映画『カラダ探し』(10月14日公開)のジャパンプレミアイベントが15日、品川インターシティホールにて開催され、劇中で仲良し同級生を演じた橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠ら6人が羽住英一郎監督と共に登壇した。

【写真を見る】眞栄田郷敦は「青春を味わうことができた」とニッコリ
【写真を見る】眞栄田郷敦は「青春を味わうことができた」とニッコリ

原作は小説投稿サイト「エブリスタ」で人気ナンバーワンの携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、同サービスで累計閲覧数1億回を初めて突破した人気作。主題歌は本作で椎名林檎と初コラボを果たすAdoが務めることでも話題を呼んでいる。

キュートな笑顔で観客を魅了
キュートな笑顔で観客を魅了

恐怖だけでなく青春要素も魅力の本作について、主演の橋本は「観ていて楽しめるホラーって珍しい!ホラーが苦手な人ほど楽しめる映画になりました」と笑顔でおすすめした。眞栄田は「あっという間の2時間で、ちょうどいいところで青春テイストが入る、シンプルに“おもしろい”と思えました」と微笑み、「自信を持ってみなさんに届けたい作品になりました」と力強く語った。ホラーが苦手だという山本は「羽住ワールド全開!テンポの速い作品で、アトラクションのような感覚が楽しめます」と胸を張った。

もっとたくさん現場にいたかったと遅れてのクランクインにしょんぼりする場面も
もっとたくさん現場にいたかったと遅れてのクランクインにしょんぼりする場面も

映画オリジナルキャラクターを演じる神尾はほかの共演者よりもクランクインが遅かったことに触れ、「みんなのなかに入り込めないかなと思ったら、5人中4人が知り合いだったので臆することなく入っていけました」と雰囲気の良い現場だったことを明かした。神尾については、共演者全員が「ムードメーカーだった」と声を揃え、直前に別作品の現場で一緒だったという山本は「人見知りだから(遅れての参加は無理かも)と心配していたけれど、一番楽しんでいました」と神尾のなじみっぷりを暴露する場面もあった。

神尾とは共演経験もあり慣れた様子で「神尾は…」と話し出す横田に共演者が爆笑する場面も
神尾とは共演経験もあり慣れた様子で「神尾は…」と話し出す横田に共演者が爆笑する場面も

横田は橋本と山本と3人で撮影後にホテルの大浴場に行くのが日課だったという。「共演者の方とお風呂に入るなんて、初めて。忘れたいけれど忘れられない思い出です」と横田が語ると、「忘れたいのかい!」と橋本と山本がすかさずツッコミを入れるなど、トークでも仲の良さを披露し、会場に集まったファンをよろこばせていた。

醍醐は「僕も毎日郷敦くんとサウナに行ってました」と裸の付き合いを告白。眞栄田はそこからサウナにハマったことを明かしていた。醍醐と眞栄田は、一緒にジムにも通っていたそうで「郷敦くんはとてもストイック。ご飯もしっかり計量して米、たまご、チキン、ヨーグルトという生活をしていてすごいと思いました。僕も試したけれど、3日持たなかったです」と苦笑い。すると撮影でロケ地と東京を行ったりきたりしていた神尾が「僕もそこに入りたかった…」と寂しそうな表情を浮かべる場面もあった。

醍醐のホラーのポーズについて羽住監督が解説をリクエストする場面も
醍醐のホラーのポーズについて羽住監督が解説をリクエストする場面も

イベントではジェスチャーゲームにチャレンジする場面も。お題でイメージするポーズをどれだけ揃えられるかを競うものだったが、なかなか揃わない6人。お互いのジェスチャーにツッコミを入れる場面もあったが、神尾が披露した「友達と写真を撮る時のポーズ」は、マスコミ向けのフォトセッションに採用するなどして、レッドステージを仲良く盛り上げていた。

取材・文/タナカシノブ