“ただのミステリーではない”小説を映画化『ザリガニの鳴くところ』ミステリアスなポスタービジュアルが到着!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
“ただのミステリーではない”小説を映画化『ザリガニの鳴くところ』ミステリアスなポスタービジュアルが到着!

映画ニュース 2022/9/22 12:00

“ただのミステリーではない”小説を映画化『ザリガニの鳴くところ』ミステリアスなポスタービジュアルが到着!

2021年に本屋大賞翻訳小説部門第1位に輝き、累計販売部数が全世界で1500万部を突破した、ディーリア・オーエンズの小説を映画化する『ザリガニの鳴くところ』(11月18日公開)。このたび、本作よりポスタービジュアルが到着した。

鬱蒼とした湿地帯の中に少女の顔が半分だけ浮かび上がったポスタービジュアル
鬱蒼とした湿地帯の中に少女の顔が半分だけ浮かび上がったポスタービジュアル

原作は、2019年と2020年の2年連続でアメリカで最も売れた本に輝いた大ヒットミステリー小説。ノースカロライナ州の‟ザリガニが鳴く”と言われている湿地帯で発見された金持ちの青年の変死体から物語は展開する。容疑をかけられたのは、6歳の時に両親に見捨てられ、学校にも通わず、自然から生きる術を学び、その湿地でひとりで生き抜いてきた無垢な少女カイアだった。

今回解禁されたポスターには本作の舞台である‟ザリガニが鳴く”と言われている湿地帯が写されている。美しくも、時に自然の残酷さを秘め、鬱蒼とした湿地帯と水面の下に、容疑者となった少女カイアの顔が半分だけ浮かび上がっている。「真相は、初恋の中に沈む――」というコピーも相まり、期待が高まるものとなっている。


全世界を魅了した大ヒットミステリー小説の世界観はどのように映像化されているのだろうか?本作の公開を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品