ドウェイン・ジョンソンがNYプレミアに降臨!DCの“破壊神”演じた『ブラックアダム』は「キャリアで最も大事な映画」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
ドウェイン・ジョンソンがNYプレミアに降臨!DCの“破壊神”演じた『ブラックアダム』は「キャリアで最も大事な映画」

イベント

ドウェイン・ジョンソンがNYプレミアに降臨!DCの“破壊神”演じた『ブラックアダム』は「キャリアで最も大事な映画」

ドウェイン・ジョンソンがDCとタッグを組んだ最新作『ブラックアダム』(12月2日公開)のプレミアイベントが現地時間10月12日、ニューヨークの中心地タイムズスクエアにて開催。アンチヒーロー“ブラックアダム”役のジョンソンをはじめ、ピアース・ブロスナンやオルディス・ホッジ、クインテッサ・スウィンデル、ノア・センティネオら豪華キャスト陣が一堂に会した。

【写真を見る】DCのヒエラルキーを変える最恐アンチヒーローが誕生!ドウェイン・ジョンソンが真っ赤なジャケットで登場
【写真を見る】DCのヒエラルキーを変える最恐アンチヒーローが誕生!ドウェイン・ジョンソンが真っ赤なジャケットで登場[c] 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & [c] DC Comics

ビジュアル派の鬼才ジャウム・コレット=セラ監督がメガホンをとった本作の主人公は、5000年の眠りから覚めた破壊神ブラックアダム。過去に息子を奪われた復讐心から、その破壊力を現代の人類へと向ける彼は“規格外のパワー”を振りかざし、ルール無用でやりたい放題。そんな彼の前にスーパーヒーロー軍団の“JSA”(=ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ)が立ちはだかる。

大勢のファンの熱気と歓声に包まれた会場に敷かれたのは、レッドカーペットならぬ“ブラックカーペット”。そこへ真っ赤なジャケットをまとったジョンソンが登場すると、会場からは割れんばかりの拍手が巻き起こる。幼い頃からブラックアダムの大ファンだというジョンソンは「この作品は自分のキャリアで一番大規模で、最も大事な映画。幼少期からずっと彼になりたかったから、この15年間この作品を実現させるために奮闘できた」と長年の夢を叶えた喜びを語った。

ヒーロー軍団JSAのドクター・フェイト役のピアース・ブロスナンも出演の喜びを語る
ヒーロー軍団JSAのドクター・フェイト役のピアース・ブロスナンも出演の喜びを語る[c] 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & [c] DC Comics

一方、劇中でブラックアダムと対峙するJSAの4人を演じたキャスト陣も集合。ブロスナンは「ヒーロー映画に出演することはないかと思っていたけれど、この作品は最高のタイミングで現れてくれた。ドクター・フェイトを非常に楽しんで演じることができました」と語り、JSAのリーダーであるホークマンを演じたホッジは「この役を演じられたことは誇らしく、夢が叶った瞬間だ。なにかを信じることに恐れている人の背中を押す、そんな作品になっています」とコメント。


サイクロン役のスウィンデルは「この作品は観客の想像を超えるすばらしいものになっている。DCユニバースを拡げ、今後のシリーズの基盤を作る作品になりました」と本作の重要性を説明。さらにアトム・スマッシャー役のセンティネオも「ブラックアダムの登場によってDCのヒエラルキーが完全に変わる。ファンが求めていたことすべてが実現した映画なんだ」とファン目線の大興奮で熱弁していた。

幼少期からブラックアダムの大ファンだったというドウェイン・ジョンソン
幼少期からブラックアダムの大ファンだったというドウェイン・ジョンソン[c] 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & [c] DC Comics

そして「ブラックアダムは地球上最強で、誰も止めることができないとんでもなく強い力を持っている」とアピールしたジョンソン。日本のファンに向けて「いつも応援をありがとう。レスラー時代に日本中のリングの上で血と汗をたくさん流した。僕は日本が大好きなんだ。とにかく最高にクールな作品を作った自信があるし、サプライズもあるから、ぜひ大スクリーンで観てほしいです」とメッセージを送っていた。

文/久保田 和馬

作品情報へ

関連作品

  • ブラックアダム

    3.8
    1630
    DC×ドウェイン・ジョンソンでスーパーヒーロー軍団もぶっ飛ばすアンチヒーロー映画
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix