松村北斗&上白石萌音W主演『夜明けのすべて』“特別な関係性”を感じさせる新場面写真|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
松村北斗&上白石萌音W主演『夜明けのすべて』“特別な関係性”を感じさせる新場面写真

映画ニュース

松村北斗&上白石萌音W主演『夜明けのすべて』“特別な関係性”を感じさせる新場面写真

SixTONESの松村北斗と上白石萌音がダブル主演を務める2024年2月9日(金)公開の映画『夜明けのすべて』から新たな場面写真が到着した。

【写真を見る】夜の作業場でスクリーンを見上げる藤沢さん(上白石萌音)と山添くん(松村北斗)
【写真を見る】夜の作業場でスクリーンを見上げる藤沢さん(上白石萌音)と山添くん(松村北斗)[c]瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

本作は「そして、バトンは渡された」で2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名小説を『ケイコ 目を澄ませて』(22)を手がけた三宅唱が監督として実写化。瀬尾自身のパニック障害の経験をモチーフに、人にはその悩みを理解されにくい症状を抱え、生きづらさを感じながら社会生活を送る藤沢美紗(上白石)と山添孝俊(松村)の物語を描いていく。主演を務める松村と上白石は、2021年に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じていた。映画としては初共演となる2人が、今回は同僚役で最高の理解者となる特別な関係性を紡いでいく。

このたび解禁となったのは、そんな2人が友達でも恋人でもないけれど、どこか同志のような特別な関係になっていく様子を捉えた複数の場面写真。パニック障害を抱えたことで、電車や美容室など逃げ場がない場所に行けなくなった山添くんの伸びた髪の毛をアパートの一室で藤沢さんが切ろうとする一幕や、PMSの症状でイライラが抑えられなくなった藤沢さんの気持ちを落ち着かせようと外に連れだした山添くんの提案で洗車をする場面、さらに夜の作業場でスクリーンに映る映像を見ながら温かな表情を浮かべる2人の姿が収められている。


愛情とも友情とも違う“特別な関係性”を築いていく山添くんと藤沢さんを演じる松村と上白石。いまや映画やテレビドラマに欠かせない存在となった2人が本作で見せる演技に注目したい。

文/スズキヒロシ

作品情報へ

関連作品

  • 夜明けのすべて

    4.4
    3852
    生きづらさを感じながら社会生活を送る2人の物語を描く、瀬尾まいこの原作小説の映画化作品