恐怖に追い込まれた演技で魅せる『みなに幸あれ』古川琴音の新境地を映した場面写真|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
恐怖に追い込まれた演技で魅せる『みなに幸あれ』古川琴音の新境地を映した場面写真

映画ニュース

恐怖に追い込まれた演技で魅せる『みなに幸あれ』古川琴音の新境地を映した場面写真

2024年1月19日(金)公開の映画『みなに幸あれ』から、恐怖に追い込まれる主人公を演じる古川琴音の新境地を映しだした場面写真が解禁された。

【写真を見る】テーブルの下に隠れ息を殺し、身を潜め何かの様子を伺う孫(古川琴音)
【写真を見る】テーブルの下に隠れ息を殺し、身を潜め何かの様子を伺う孫(古川琴音)[c]2023「みなに幸あれ」製作委員会

本作は2021年に日本で唯一のホラージャンルに絞った一般公募フィルムコンペティション「日本ホラー映画大賞」(主催:KADOKAWA)の初大賞受賞作品となった同名短編映画を、「呪怨」シリーズの清水崇総合プロデュースのもと、原案の下津優太自身が監督としてリメイクした長編ホラー映画。祖父母に会うため村を訪れた看護学生の孫(古川)が、得体の知れない恐怖と対峙する様を描いていく。

このたび解禁となったのは、古川扮する主人公の姿を捉えた場面写真。田舎に住む祖父母のもとへやって来た主人公の孫が久々の家族との再会を喜び、和やかに食事をともにする、どこにでもある光景から、一変してテーブルの下に隠れ息を殺し、身を潜めなにかの様子を伺う姿が。さらに、暗い森のなか、服や顔に血をつけ呆然と絶望感を漂わせて1人で座り込む様子など、本作への期待がさらに高まるカットが揃っている。

暗い森の中、服や顔に血をつけ呆然と絶望感を漂わせて1人で座り込む孫(古川琴音)
暗い森の中、服や顔に血をつけ呆然と絶望感を漂わせて1人で座り込む孫(古川琴音)[c]2023「みなに幸あれ」製作委員会

最近では金曜ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」や、大河ドラマ「どうする家康」など話題作に出演し、妖艶でミステリアスな演技が記憶に新しい古川。映画では『花束みたいな恋をした』(21)、『今夜、世界からこの恋が消えても』(22)、『リボルバー・リリー』(23)、そして来年の夏には『言えない秘密』(2024年夏公開)の公開が控えるなど、その確かな演技力と存在感で多くの作品に引っ張りだこな古川は、いままさに注目すべき若手女優の1人といえる。

これまで数々の話題作に出演し、そのたびに様々な役柄を演じてきた古川だが、ホラー作品に出演するのは本作が初めて。さらに主演という大役ながら、徐々に増していく主人公の狂気は観る者を震撼させるものがある。古川は自身の役柄や本作について「私が演じる主人公は、社会の仕組みに抗おうともがきますが、そこに逃れられない恐怖が迫ってきます。映画を観ている間はもちろん、観終わった後、人間そのものの存在が怖くなるような居心地の悪さというか、根源的な新しい恐怖を感じてもらえればと思います」とコメント。登場人物たちが織り成す想像を絶する恐怖のなか、主人公の “どうすることもできない”悲しみや、現実に絶望する演技には古川の持つ俳優としての圧倒的な表現力を再認識させられる。本作で商業映画デビューをはたす下津監督は主演の古川について「自分のビジョンを持って現場に入ってきてくれました。この映画はかなり表現しづらいストーリーだったと思いますが、僕の持っているイメージをそのまま体現してくれました」とその活躍を絶賛している。


近年、話題作への出演が相次ぐ古川にとって初のホラー作品となった本作。彼女の新境地をぜひスクリーンで目撃してほしい。

文/スズキヒロシ

作品情報へ

関連作品

  • みなに幸あれ

    3.2
    435
    祖父母の家に何かがいるという違和感から始まる、日本ホラー映画大賞の大賞受賞作品
    U-NEXT