“母艦”襲来によるディストピアの断片を切り取る『デデデデ』日常と非日常が入り交じる特報映像|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
“母艦”襲来によるディストピアの断片を切り取る『デデデデ』日常と非日常が入り交じる特報映像

映画ニュース

“母艦”襲来によるディストピアの断片を切り取る『デデデデ』日常と非日常が入り交じる特報映像

あのと幾田りらが声優としてW主演を務め、2024年3月22日(金)に前章、4月19日(金)に後章と2章立てで劇場公開される『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』。このたび本作前章の特報映像、ポスタービジュアルが解禁となった。

本作の原作は、実写映画化もされた代表作「ソラニン」や、「おやすみプンプン」、現在ビッグコミックスペリオールにて連載中の「MUJINA INTO THE DEEP」などの人気漫画家、浅野いにおによる傑作漫画「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」、通称「デデデデ」。突如現れた地球外からの侵略者が日常と同居した世界を舞台に、青春を謳歌する小山門出(声:幾田)と、“おんたん“こと中川凰蘭(声:あの)の、普通じゃない日常を描く。

今回解禁された特報映像は、放課後の学校の屋上で他愛のない会話をする門出とおんたんのシーンからスタート。女子高生2人のどこにでもある日常の風景のように見えるが、彼女たちの視線の先に広がっていたのは、東京上空に襲来した巨大な円盤型の“母艦“が浮遊する異常な光景だった。謎の宇宙船の出現を報じるニュース速報、避難勧告、そしてロックダウンの緊急事態宣言を告げるニュース音声がけたたましく駆け抜けるなか、門出とおんたんの下校風景、街に繰りだす女子高生の仲良し5人組の日常風景、からなにかが“母艦”から落下する映像や巨大な戦闘ロボット、放たれるレーザー砲の後、街が一瞬で吹き飛ぶ映像といった、物語の断片らしき映像がピアノのメロディにのってモンタージュとなって映しだされていく。そして、幾田とあの演じる門出とおんたんによる映画タイトルの略称「デデデデ」のタイトルコールが最後を締めくくる。

あわせて解禁となったのは、映画タイトル『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の略称である“デデデデ”という文字が印象的なポスタービジュアル。背景には本作のキーを握る巨大な“母艦”が不気味に描かれ、 “地球がクソやばい!”という本作のキャッチコピーが添えられている。そして、そのキャラクター性が表すかのように、状況に反してどこか能天気にポーズを決める門出とおんたんの姿が切り取られているほか、歩道橋に佇む2人の同級生の栗原キホ(声:種崎敦美)、出元亜衣(声:島袋美由利)、平間凛(声:大木咲絵子)の3人の姿も写ったポスターになっている。


日常と非日常が入り交じる門出とおんたんの青春を描く『デデデデ』。はたして彼女たちはこの“普通じゃない“日常をどのように謳歌していくのか?続報に期待したい。

文/サンクレイオ翼

※種崎敦美の「崎」は「たつさき」が正式表記