グラミー賞受賞歌手の力強い歌声!ミュージカルとしてよみがえった『カラーパープル』最新予告映像|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
グラミー賞受賞歌手の力強い歌声!ミュージカルとしてよみがえった『カラーパープル』最新予告映像

映画ニュース

グラミー賞受賞歌手の力強い歌声!ミュージカルとしてよみがえった『カラーパープル』最新予告映像

アリス・ウォーカーによるピューリッツァー賞受賞小説を1985年にスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化し、第58回アカデミー賞で10部門にノミネート。その後、ブロードウェイでミュージカル版が上演されるなど、長きに渡って語り継がれてきた珠玉の物語を、ミュージカル映画として再映画化した『カラーパープル』が2月9日(金)より公開される。このたび本作の最新予告映像が解禁された。

オリジナル版で映画初出演にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたオプラ・ウィンフリーと、同じく作曲賞と歌曲賞にノミネートされたクインシー・ジョーンズ、そしてスピルバーグがプロデューサーを務めた本作。主人公のセリー役を演じるのは、ブロードウェイ版でも同役を演じたファンテイジア・バリーノ。セリーの妹ネティ役を『リトル・マーメイド』(23)のハリー・ベイリーが演じ、ソフィア役をブロードウェイ版に引き続きダニエル・ブルックスが演じる。

このたび解禁された予告映像では、父親と夫に支配され最愛の妹とも生き別れた主人公のセリーが、自由で型破りな女性たちとの出会いをきっかけに、輝ける場所を見つけるべく不屈の魂で立ち上がる姿が、グラミー賞受賞歌手であるバリーノが力強く歌いあげる楽曲「I'm Here」と共に切り取られている。セリーと周囲の女性たちとの絆、己の運命に抗いながら自らの未来を切り拓いていくセリーの希望に満ちた姿に、魂を揺さぶられること間違いなしだ。


先ごろ発表された第81回ゴールデン・グローブ賞では、バリーノが主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)に、ブルックスが助演女優賞にそれぞれノミネート。クリスマスに公開された北米では公開から12日間で興収5000万ドルを突破するなど、興収、批評共に大成功を収めている本作。装いも新たに生まれ変わった希望の物語を、是非とも映画館のスクリーンで目から耳から存分に味わってほしい。

文/久保田 和馬

作品情報へ

関連作品

  • カラーパープル

    4.1
    1116
    1900年代初頭にアメリカ南部で暮らしたアフリカ系アメリカ人女性の生涯の葛藤を描くミュージカル映画