『バービー』が再びスクリーンに帰ってくる!2月2日よりリバイバル上映が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『バービー』が再びスクリーンに帰ってくる!2月2日よりリバイバル上映が決定

映画ニュース

『バービー』が再びスクリーンに帰ってくる!2月2日よりリバイバル上映が決定

常に時代を先回りし、性別や人種を超え「You Can Be Anything(あなたはなににだってなれる)」を発信、世代を超えて勇気を与えてきたバービー。そんなバービーの、想像をはるかに超えたパワフルな物語を映画化し、全世界で記録的大ヒットとなった『バービー』(23)が、2月2日(金)よりリバイバル上映されることが発表された。

人気ハリウッドスターのマーゴット・ロビーがバービーを、ライアン・ゴズリングがボーイフレンド(?)のケンを好演したほか、“バービーランド”の圧巻のビジュアルやドラマ性の高いストーリーでも大きな話題を集めた本作。どんな自分にでもなれる、完璧で“夢”のような毎日が続く“バービーランド”で暮らすバービーとボーイフレンドのケン。ある日突然身体に異変を感じたバービーは、原因を探るためケンと共に“悩みのつきない”人間の世界へ。そこでの出会いを通して気づいた、”完璧”より大切なものとは?そして、バービーの最後の選択とは?

昨年の劇場公開時には、全米を始め日本の映画館でも全身ピンクのファッションに身を包んだ観客たちが詰めかけ、イベントムービーとして各所で“バービー旋風”を巻き起こした。全米では、2023年に公開されたすべての映画でNo.1となるロケットスタートを皮切りに、その後も勢いはとどまらず、週末の興行成績は4週連続のNo.1を記録。世界55か国でもNo.1に輝く特大ヒットとなった。さらに、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(11)を超えてワーナー・ブラザース映画史上No.1となる興行収入を達成。そして、2024年1月15日までの全世界興行収入は14.4億ドル(約2120億円)を突破し、2023年に世界で公開された作品の中でNo.1に輝く歴史的大ヒット映画となった。

さらに本作は、現在名だたる賞レースも席巻中。第81回ゴールデングローブ賞では、今年から新設された、興行成績1億5000万ドル以上を達成した作品を対象に世界中から最も支持され、最もヒットした最優秀作品に贈られる「シネマティック&ボックスオフィス・アチーブメント賞」を受賞。また、全6曲のノミネートのうち、3曲が映画『バービー』の挿入歌となった主題歌賞では、ビリー・アイリッシュが本作のために書き下ろした「What Was I Made For?」が受賞し2冠を達成。さらに、クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)では、ケンを演じるゴズリングが劇中で歌い上げる切ないロックバラード「I’m Just Ken」が、最優秀歌曲賞を受賞。歌曲賞部門には、本作からデュア・リパの「Dance the Night」とアイリッシュ&フィニアス・オコネルの「What Was I Made For」もノミネートされるなど、音楽面でも高い評価を獲得している。

また本作は、アカデミー賞の前哨戦の一つとして知られる第30回米映画俳優組合員賞においても、ロビーの主演女優賞、ゴズリングの助演男優賞、アンサンブル演技賞、スタントアンサンブル賞と4部門にノミネート。アカデミー賞を占う上で最も重要な賞の呼び声が高い本アワードの行方、そして来るべきアカデミー賞についても大きな期待が寄せられている。


公開劇場は、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、横浜ブルク13、MOVIXさいたま、ミッドランドスクエア シネマ、MOVIX京都、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、札幌シネマフロンティアを予定。全世界を夢中にさせた歴史的大ヒット作を、改めてスクリーンで体感できるこの機会をお見逃しなく!

文/サンクレイオ翼

作品情報へ

関連作品

  • バービー

    3.8
    3984
    バービーランドで暮らすバービーとケンが人間世界に迷い込み大切なものを見付けるドリームファンタジー
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix Apple TV+