竹内力&松岡禎丞&小松未可子ら『猿の惑星/キングダム』熱い反響に喜び!「みんな続編があるんじゃないかと討論している」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
竹内力&松岡禎丞&小松未可子ら『猿の惑星/キングダム』熱い反響に喜び!「みんな続編があるんじゃないかと討論している」

イベント

竹内力&松岡禎丞&小松未可子ら『猿の惑星/キングダム』熱い反響に喜び!「みんな続編があるんじゃないかと討論している」

SF映画の金字塔「猿の惑星」シリーズの完全新作となる『猿の惑星/キングダム』の公開記念舞台挨拶が5月15日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、竹内力、松岡禎丞、小松未可子、お笑いコンビのサルゴリラ(児玉智洋、赤羽健壱)が登壇。鏡開きで公開をお祝いした。

実写版『ゼルダの伝説』の監督にも抜てきされ注目を集めているウェス・ボール監督がメガホンを取り、いまから300年後、支配者が人間から猿へと移り変わった世界を舞台に、猿&人間VS猿の新たなる衝突を圧倒的なスケールで描く本作。

プロキシマス・シーザーの日本版声優を務める竹内力
プロキシマス・シーザーの日本版声優を務める竹内力

5月10日より公開となり、登壇者陣もたくさんの反響を受け取っているという。猿が支配する王国を築こうとする冷酷な独裁者プロキシマス・シーザーの日本版声優を務める竹内は、「先ほど聞いたところ、吹替版が50%くらいで、字幕が50%くらいらしいんです。これはすごいことらしいんです」と字幕と日本版(吹替版)の観客の割合について触れながら、「おひねり出るかな?俺に出るわけないね」と冗談まじりにっこり。「みんな、リアルなお猿さんにびっくりしている。あと『もしかしてこれは、続編があるんじゃないの』とみんな言っていますね。『続きがあるとしたらこうじゃないか、ああじゃないか』と討論していますよ」と周囲でも考察が相次いでいるという。

若き猿ノア役の日本版声優を務める松岡禎丞
若き猿ノア役の日本版声優を務める松岡禎丞

プロキシマスの支配に立ち向かう若き猿ノア役の松岡も、「行く現場、現場で誰かしらに『松岡さん、観に行きましたよ』と言ってくれる。今朝は歌を録っていたんですが、そこでも『猿の惑星、最高でした。ちょっと談義していいですか』と話をしていた」と証言。重大な秘密を抱える人間ノヴァ役を演じた小松も「周りでも楽しみにしている家族や友だちが多かった」と身近なところでも大いに盛りあがっているという。

サルゴリラ、名前だけで呼ばれた!?「ラッキー登壇です!」と歓喜
サルゴリラ、名前だけで呼ばれた!?「ラッキー登壇です!」と歓喜

また“猿”たちが繰り広げる新たな物語の公開を祝うため、日本の“エイプ”としてサルゴリラも出席。実は日本版の劇中にも出演しているという。児玉は「実は僕たち、ちょっとだけ声で出演しているんですよ。最初の方です。ノアが卵を持って帰るシーンで、ウホウホと言っています。ぜひ探してください」と猿役だと出演シーンをアピール。「すばらしいお芝居だった」と印象を語った竹内は、「(映画の)冒頭でしょう?ぼうっと観ていた」と強面ながらお茶目なダジャレをお見舞いして、会場を笑わせていた。

重大な秘密を抱える人間ノヴァ役の日本版声優を務める小松未可子
重大な秘密を抱える人間ノヴァ役の日本版声優を務める小松未可子

300年後の世界や猿を見事に表現したVFX映像と共に、ストーリーの深さも話題になっている。小松は「前の『猿の惑星』シリーズは、シーザーの物語でもあった。シーザーがいた時代から300年近くが経っていて、シーザーが伝承となり、シーザーを知らないものがどのようにそれを受け取っていくのかということは、人間の歴史もそうなんじゃないかなと思い浮かぶシーンがあった」と話す。松岡は「ノアと一緒に理解をしていく作品」と切りだし、「ノアが一歩一歩進むごとに、困難を乗り越えていくたびに、『そういうことなんだ』とわかる。ノアが知るごとに、皆さんも知っていく」とノアと一緒に冒険し、物語の謎を理解しながら楽しんでほしいという。竹内は「人間がいる場所に、なぜか猿がいる。逆転した世界。それを見ているとゾッとするというか、現実だったら怖いなという違和感を感じる」と吐露。「いまも世界で起きている戦争や、コロナ禍、地球温暖化など、人間の破滅への教訓的なメッセージが散りばめられている」と現実となぞらえながら、堪能できる作品だと語っていた。


にぎやかな雰囲気いっぱいのイベントとなった
にぎやかな雰囲気いっぱいのイベントとなった

最後には全員で、鏡開きで公開をお祝い。竹内が「猿の惑星!」、登壇者全員で「キングダム!」、観客と登壇者も一体となり「大ヒット!」との掛け声で樽を割り、にぎやかなムードいっぱいとなったこの日のイベント。竹内は「世界最高峰の映像。皆さん、その世界に浸りながら存分に楽しんでください。なんてすばらしい日だ!」とプロキシマス・シーザーのセリフを交えながら、熱っぽく呼びかけていた。

取材・文/成田おり枝

惑星に隠された秘密に迫る!『猿の惑星/キングダム』特集【PR】
作品情報へ

関連作品