ステキ!映画『バレンタインデー』は“愛の決め台詞”の宝庫|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/1/29 18:08

ステキ!映画『バレンタインデー』は“愛の決め台詞”の宝庫

ジェシカ・アルバ、アシュトン・カッチャー、ジュリア・ロバーツ、アン・ハサウェイ、ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ガーナー、シャーリー・マクレーンなど、豪華オールスターキャスト競演の『バレンタインデー』(2月12日公開)にご注目。本作には、愛の本質を語る決め台詞がたくさん散りばめられている。

映画のタイトルが物語るとおり、本作は2月14日のバレンタインデーを過ごす男女15人のラブストーリーを描く群像劇だ。それぞれの登場人物がいろいろな場所でリンクしていき、やがて思いもつかなかった感動の結末へと導かれていく。

愛についての物語だから、やはり愛を語る台詞が満載だ。ネタばれになるので、台詞が出るシチュエーションには触れないが、いくつか紹介しておきたい。

例えば「愛は地上最後のカンフル剤だ」や「若い恋は希望に満ち、現実を知らない」といったエネルギッシュな台詞が最高だ。また、「愛は仕組めない」というシンプルな台詞にもグッとくるし、「愛は踏み込むものじゃなく、落ちるものだ」というどこか達観した台詞には思わず「なるほど」とうなずいてしまいそう。

さすがは、『プリティ・ウーマン』(90)などで知られるラブコメディーの名手、ゲイリー・マーシャル監督。愛に満ちあふれた展開がナイスだ。ちなみに本作では、『プリティ・ウーマン』で有名になったあるロケ地も再登場するし、いろんな意味で楽しめる映画になっている。まさに“直球”のバレンタインデー向けの映画なので、女友だちや恋人を連れだって行って、観賞後に愛について語り合おう。【Movie Walker/山崎伸子】

関連作品

  • バレンタインデー

    3.7
    2
    超豪華キャストによる、ゲイリー・マーシャル監督のロマンティック・ラブストーリー
    Amazon Prime Video Netflix

関連記事