竹野内豊が過酷なロケで激痩せ!井上真央らが心配|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/11/9 16:51

竹野内豊が過酷なロケで激痩せ!井上真央らが心配

実話に基づく感動の戦争映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』(2011年2月11日公開)の製作報告会見が11月9日にザ・リッツ・カールトン東京で開催。竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、山田孝之、平山秀幸監督、チェリン・グラック監督らが登壇し、虫やスコール、暑さと闘いながら敢行したタイのロケを語った。

フォックスと呼ばれた主人公・大場栄大尉役の竹野内豊は、タイでのロケをこう振り返った。「非常に過酷で、想像を絶していました。日中、40度以上体感(気温)が上がる中でのロケがかなり続いて。でも、現場での気持ちを大事に取り組んだことを思い出します」。また、役作りにあたって、竹野内は実際にサイパンを訪れ、大場大尉の墓参りにも行ったと言う。「何か手がかりが欲しいと思って、大場さんのご実家で話を聞きました。とにかく寡黙で行動ですべてを示す人だった。タバコとお酒が好きだった。大場さんになれるわけはないけど、どこか追いかけてました」と、役への熱い思いを語った。

アメリカ軍のハーマン・ルイス大尉役のショーンも「みんなが常に現場で混乱していて。でも、素晴らしい体験でもありました。日本語と英語、さらにタイ語が飛び交っていたし」。

民間人の少女、青野千恵子役の井上真央も、タイのロケに参加。「私も大変でしたが、大場大尉と、大尉率いる兵士さんたちが、誰よりも大変だったんだろうなと。特に会う度にみるみる痩せていく大尉が心配でした」と言うと、木谷敏男曹長役の山田も「(竹野内が)どんどんやつれていって、目がギョロギョロしていって、大丈夫だろうかと心配しておりました」とコメント。竹野内は「太りたくても太れない。ペットボトル10本飲んでも、トイレに行かず、全部汗に出ちゃうから」と、壮絶なロケを語った。

竹野内が「僕らの思いは、きっとスクリーンに伝わると思います」と力強く語った力作『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』。太平洋戦争を、日本とサイパンの双方からふたりの監督が描くという点も興味深い。ワールドワイドでスケールの大きい戦争映画になりそうで、今から完成が楽しみだ。【Movie Walker/山崎伸子】

関連作品