リンダ・ハミルトンが華麗にカムバック!「ターミネーター」最新作、日本公開日が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/6/6 18:00

リンダ・ハミルトンが華麗にカムバック!「ターミネーター」最新作、日本公開日が決定

「ターミネーター」シリーズ最大のヒットを記録し、アカデミー賞4部門に輝いた『ターミネーター2』(91)の正統続編であり、ジェームズ・キャメロンとアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンが28年ぶりに再集結を果たす『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開日が11月8日(金)に決定。このたび待望のティザー予告とポスタービジュアルが完成した。

シリーズの生みの親であるキャメロンは製作を担当し、シュワルツェネッガーはもちろん、看板キャラクターであるターミネーターT-800役。そしてリンダもサラ・コナー役を演じる本作。オリジナルチームに加え、新たにメガホンをとる「デッドプール」シリーズのティム・ミラー監督をはじめ、新キャラクターとしてナタリア・レイエス、マッケンジー・デイヴィス、ガブリエル・ルナらも参戦する。

このたび解禁されたティザー予告では、ハイウェイの上で繰り広げられる人類とターミネーターの壮絶なバトルが展開するなか、サラ・コナーが突如現れる。これまで「脚本が魅力的ではない」という理由でシリーズ作への出演を断ってきたリンダだが、「最初の2作品のように響くものがある」と本作への出演を決意。スカイネットの脅威から息子ジョン・コナーを守るためにたった1人で死闘を繰り広げたサラが、どんな人生を歩んできたのかが明らかにされるとのこと。

そして予告の終盤には、どことなく年老いた風貌のターミネーターT-800も登場。『ターミネーター2』では映画史に残る名言「I’ll be back」を残したが、ラストシーンで溶鉱炉へと沈んだのち、一体どのようにして蘇ったのか?そして彼はなぜ隠れるように生活をしているのか。謎が深まると同時に重厚な人間ドラマが待ち受けていることを予感させる仕上がりに、期待は高まるばかりだ。本作から届けられる続報を楽しみに待ちたい!

文/久保田 和馬


関連作品