Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔、千賀健永の熱狂的な“ミラー・ツインズ愛”に「幸せです」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/6/7 20:17

Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔、千賀健永の熱狂的な“ミラー・ツインズ愛”に「幸せです」

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が、正反対の人生を歩んできた双子を一人二役で演じたことで大きな話題を集めたテレビドラマの待望の続編となる「連続ドラマW ミラー・ツインズ Season2」の完成披露試写会が7日、東京・丸ビルホールにて開催。藤ヶ谷と倉科カナ、中村俊介、古谷一行、高橋克典が舞台挨拶に登壇した。

今年4月にフジテレビ系列「大人の土ドラ」枠で放送されたシーズン1では、20年前の誘拐事件によって生き別れた双子の兄弟が再会を果たし、自分を誘拐した犯人に復讐しようとする兄の葛城勇吾を、刑事である弟の圭吾が苦悩しながら追い詰めていく姿が描き出された。シーズン1の余韻が残る中はやくも制作されたシーズン2では、新たに圭吾の周囲で巻き起こる2つの事件と、その裏に隠された新事実が明らかに。そして再び圭吾と勇吾の運命を交錯することに…。

大歓声に迎えられて登場した藤ヶ谷は、最初の挨拶から「短い時間ですが爆笑トークを出したいなと思ってるので、チームワークを出していきたい」と宣言。その言葉通り、高橋や中村、さらには古谷もが抜群のチームワークで笑いを誘い、会場をあたためていく。そしてシーズン2の台本を読んだときの感想を聞かれた藤ヶ谷は「新しい事件もそうですが、シーズン1で起きた回収されてない事件も含めて、伏線をシーズン1からシーズン2へ。さすがだなと思いました」と驚嘆したことを明かす。

そんななか高橋は、藤ヶ谷の所属するKis-My-Ft2のコンサートに行ったことを告白。「こっち(ドラマ)での出会いが濃かったので、コンサートに行ったら別の人でしたね」と微笑みながら「ドームでコンサートをやる世界にいながら、よくこっちの世界に帰ってくるなというぐらい切り替えができている。その向き合い方が本当に気持ち良い」と絶賛。さらに現場で藤ヶ谷がセリフのNGを一切出さないことを明かすと「勝新太郎さんや若山富三郎さんに『セリフのNGはあった方がいい』と言われたことがある」と語る高橋に、すぐさま藤ヶ谷は「今後出します!」とまさかの宣言も。

さらに高橋は、一人二役という難役を器用に演じ分ける藤ヶ谷との共演に「ちゃんといつも気持ちが入っていて、どのシーンも楽しかった。勇吾と圭吾、別の人と芝居しているような不思議な錯覚があったのは、彼の向き合い方のおかげだと思います」と褒めちぎる。すると俳優界の大御所である古谷からも「(藤ヶ谷は)好青年。彼のためにいくらでも協力して、なんでもやってやるという気分になるほど気持ちの良い男です」と大絶賛の言葉が送られ、会場は大きな拍手で包まれた。

また第1話にはKis-My-Ft2のメンバー、千賀健永がゲスト出演していることが話題にあがると、藤ヶ谷は「うちの千賀というメンバーが一瞬だけ出ていまして、クラブのシーンで店員の役なんですけど…」と古谷に解説。そして「千賀は本当に『ミラー・ツインズ』が大好きで、第1話が放送された直後から毎回感想の長文メールが来て、シーズン2に出れたことにものすごい喜んでました」と千賀の熱狂ぶりを明かす。

「現場で会ったときに俺のことを指差して『うわ!生圭吾〜!』って喜んでました(笑)。メンバーが自分の携わってる作品を好きって言ってくれるのは幸せですね」と笑顔で語る藤ヶ谷に古谷は「メンバーが支えてくれて、良いグループなんだね」と語りかける。すると藤ヶ谷は「良いグループです!キスマイは良いグループです!」と満面の笑みで力強く即答した。

「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 連続ドラマW ミラー・ツインズ Season2」は6月8日(土)夜10時から、WOWOWプライムにて放送される(全4話。第1話無料放送)。

取材・文/久保田 和馬