強面だけど優しい?西島秀俊、西田敏行…おじさん俳優扮する“善人ヤクザ”にギャップ萌え!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2019/9/29 16:30

強面だけど優しい?西島秀俊、西田敏行…おじさん俳優扮する“善人ヤクザ”にギャップ萌え!

西島秀俊、西田敏行など豪華キャスト演じるヤクザたちが世直しに奔走する『任侠学園』(9月27日公開)。中尾彬、白竜、光石研といった任侠映画でおなじみの実力派たちもキャスティングされており、いかにも重厚なストーリー…かと思いきや、強面おじさんたちの、かわいらしい姿がいっぱい登場するらしい!?

恐い?いや、かわいい!西島秀俊ら演じる人情派のヤクザにギャップ萌え
恐い?いや、かわいい!西島秀俊ら演じる人情派のヤクザにギャップ萌え[c]今野 敏 / [c]2019 映画「任侠学園」製作委員会

本作は義理人情に厚いヤクザたちが、倒産寸前の出版社、病院など行く先々で経営再建を試みる姿を描いた今野敏の人気シリーズから、私立高校を題材にした同名小説を映画化。困っている人を見過ごせない人情派ヤクザ、阿岐本組。組長(西田)は、社会貢献に目がなく、今度は経営不振の高校の建て直しを引き受けてしまう。いつも親分に振り回されてばかりのナンバー2、日村(西島)は気乗りしないなか、子分を連れて学校を訪れるが、無気力なイマドキの高校生と向き合うハメに…。

世直しに奔走する善人ヤクザの阿岐本組
世直しに奔走する善人ヤクザの阿岐本組[c]今野 敏 / [c]2019 映画「任侠学園」製作委員会

縦縞のスーツや派手な柄シャツ、オールバックにサングラスといったルックスに、組長のドスの効いた声。一見“ザ・ヤクザ”な貫禄が漂っている阿岐本組だが、“カタギに手を出さず”、“勝負は正々堂々”、“出されたものは残さず食う”という組の三ヶ条からもわかるように、とにかく人が良いのが特徴だ。

いかにもな派手な柄シャツ姿でキュートなポーズ
いかにもな派手な柄シャツ姿でキュートなポーズ[c]今野 敏 / [c]2019 映画「任侠学園」製作委員会

シートベルトはしっかり締めるなど交通ルールはもちろん厳守し、商店街の人たちともしっかり挨拶を交わし、笑顔で会話。街の困った人からは無理やりトラブルの解決に連れて行かれるなど、もはやカタギからナメられている感すら漂っているのだ…。

清掃から園芸、警備までなんでも献身的にこなすヤクザたち
清掃から園芸、警備までなんでも献身的にこなすヤクザたち[c]今野 敏 / [c]2019 映画「任侠学園」製作委員会

高校でも、学内の清掃から園芸、深夜の警備に料理まで作ってしまうなど立て直しのために超献身的に作業しており、見た目や粗暴な言葉遣いとのギャップが抜群でいちいちクスリとさせられてしまう。特に西島扮する日村は、高校生が放った“ググる”という言葉が理解できずポカンとしたり、学校一の問題児に顔面を殴られてしまったりと、頼れる兄貴分のはずが高校生相手に振り回されまくっており、どこかかわいさすら覚えてしまうほどだ。

振り回されすぎて疲れてしまった感が漂っている…
振り回されすぎて疲れてしまった感が漂っている…[c]今野 敏 / [c]2019 映画「任侠学園」製作委員会

情に厚いヤクザと無関心な生徒たちという組み合わせなど、様々なギャップが満載の『任侠学園』。作品のいたるところに散りばめられた意外性を、劇場で大いに笑ってほしい!

文/トライワークス

関連作品

  • 任侠学園

    4.2
    201
    今野敏原作の小説「任侠学園」を西島秀俊×西田敏行のW主演で映画化する人間ドラマ
    Amazon Prime Video