波瑠、遊川組の“洗礼”浴びる「衣装合わせに9時間」岡田健史は初の映画舞台挨拶で耳真っ赤!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/2/19 22:10

波瑠、遊川組の“洗礼”浴びる「衣装合わせに9時間」岡田健史は初の映画舞台挨拶で耳真っ赤!

波瑠、遊川和彦監督の「情熱を感じた」
波瑠、遊川和彦監督の「情熱を感じた」

数多くのヒット作の脚本を手掛けた遊川和彦による第2回監督作品『弥生、三月 -君を愛した30年-』(3月20日公開)の完成披露試写会が2月19日に笹川記念会館で開催され、波瑠、成田凌、岡田健史、小澤征悦、黒木瞳、遊川監督が登壇。遊川監督の作品にかける情熱を感じてオファーを受けたという波瑠が、「衣装合わせが9時間かかっても終わらなかった。現場が始まっても調整が続いて…。遊川組の洗礼かなと思った」と監督の深いこだわりに驚いたことを明かした。

『弥生、三月 -君を愛した30年-』の完成披露舞台挨拶が開催された
『弥生、三月 -君を愛した30年-』の完成披露舞台挨拶が開催された

本作は、“2人の男女の30年間を3月だけで紡ぐ”ラブストーリー。互いへの想いを秘めながらも別々の道へ進んだ弥生(波瑠)と太郎(成田)の姿を映しだす。

「脚本を読んだ時に感動した」という波瑠だが、「同時に弥生という役がどれだけ純粋な強さを持っているかに気づいて、ハードルを感じました。東北の大震災も描かれているので、『これは仕事のスケジュールが空いているから映画を入れよう』などという気持ちでは受けられないと感じた」と一度はオファーを断るために、遊川監督に会いに行ったことを告白。

遊川監督と2人で対峙し、「監督がどれだけこの作品に情熱を持って挑んでいるかに気づいた。女優をやっていると、そういう方とお仕事をしたいと感じるもの。難しいかもしれないけれど、こんな機会はないんじゃないかと考えが変わった」と覚悟が決まったという波瑠。遊川監督は「この人には嘘がないと思った。(弥生役には)『あなたが一番いいですよ』と伝えた」と波瑠への信頼感を明かしていた。

また本作はドラマ「中学聖日記」で注目を集めた岡田にとって、映画デビュー作となる。岡田は「初めての映画が『弥生、三月 -君を愛した30年-』で、こうして華やかな場所に立てていることに幸せを感じています」と緊張の面持ちで挨拶。成田は「僕は、まさかの岡田くんのお父さん役です。記念すべき、岡田くんの初めての映画舞台挨拶に一緒に立てて光栄です」と喜びを語っていた。

“30年経っても変わらずにいることの難しさ”を描く映画にちなみ、登壇者陣が「変わらずに大切にしたいこと」を聞かれるひと幕も。波瑠は「普通でい続けようとすること」と回答。「(女優業は)ちょっと変わったお仕事。特別に見えるかもしれない。でもいろいろな方が共感できるような人、自分と重ねられる人を表現しなければいけない。普通でいることは心がけたい」と語る。

岡田は「部屋をきれいにすること」とはにかみ、これには会場から「かわいい!」と歓声が上がる。成田が「耳、真っ赤よ!」と大照れの岡田をいじると、観客も大爆笑だった。

取材・文/成田 おり枝

関連作品