中川大志&石井杏奈がW主演!竹宮ゆゆこ「砕け散るところを見せてあげる」実写化決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/2/20 5:00

中川大志&石井杏奈がW主演!竹宮ゆゆこ「砕け散るところを見せてあげる」実写化決定

テレビアニメ化もされた「とらドラ!」や「ゴールデンタイム」で知られる竹宮ゆゆこが2016年に発表し、多くの著名人から絶賛された小説「砕け散るところを見せてあげる」が、『MR.LONG /ミスター・ロン』(17)や『jam』(18)など国内外から高い評価を集めるSABU監督のメガホンのもと映画化されることが決定した。

本作は“愛”や“感情”をテーマにした衝撃的な愛の物語。大学受験を控えた普通の高校3年生で、人一倍正義感が強い濱田清澄は、学年一の嫌われ者で高校1年生の蔵本玻璃がいじめを受けている現場をたまたま目撃してしまう。正義感の強さから彼女を助けた清澄は、それをきっかけに玻璃をいじめから救おうと試み、次第に心の距離を縮めていくのだが…。

清澄役を演じるのは『坂道のアポロン』(18)と『覚悟はいいかそこの女子。』(18)で第42回日本アカデミー賞新人賞を受賞した中川大志。そして玻璃役にはE-girlsのパフォーマーで女優としても活躍する石井杏奈。ダブル主演を務める2人は2012年に放送されたドラマ「GTO」と、『四月は君の嘘』(16)以来4年ぶり3回目の共演となる。

言葉の軽快さで10代特有の空気感を表現する竹宮作品初の実写化となる本作で、痛々しいほどに体を張った鬼気迫る演技で新境地に挑む中川と石井、そして鬼才SABU監督がどのような化学反応を見せてくれるのか。本作から届けられる続報に注目したい!『砕け散るところを見せてあげる』は5月8日(金)より公開される。


衝撃作に込められたメッセージを読み解く…『砕け散るところを見せてあげる』特集
【PR】